【クラブ紹介】ベルギーの強豪「ゲンク」が輩出した10名の大物タレント

世界最高峰の「育成」×「スカウト」

 ▽元日本代表FW鈴木隆行氏も在籍したことで知られるベルギーの強豪ゲンク。創設からわずか30年余りの同チームだが、下部組織やスカウトで発掘した選手を踏まえると既にサッカー界に大きな影響を与えていると言えるだろう。ちなみに日本代表DF冨安健洋、日本代表MF遠藤航らが所属するシント=トロイデンとは同じリンブルグ州に本拠地を置いており「リンブルグ・ダービー」として盛り上がりを見せている。

 ▽今回、「Evolving Data」はゲンク出身の選手10名を独自に厳選。欧州の第一線で活躍する一流選手が目白押しだ。
*市場価値と移籍金はドイツ移籍メディア「Transfer Market」を参考(2019/1/11現在)
*1ユーロ=130円で計算

● ティボー・クルトワ(Thibaut Courtois)
代表:ベルギー代表
Pos :GK
生年月日:1992/5/11(26歳)
身長/体重:199cm/96kg
現所属:レアル・マドリード(スペイン)
市場価値:6500万ユーロ(約84億5000万円)
ゲンク在籍期間:1999年~11年夏
ゲンク通算:45試合49失点
加入時:下部組織
移籍時:895万ユーロ(約11億6350万円)

▽2018年FIFA最優秀GKに輝いた大型GKもゲンク出身だ。199cmという体格はバレーボール選手であった両親から譲り受けた賜物である。14歳の頃にGKに転身。2010-11シーズンに当時18歳ながらクラブをリーグ優勝に導く活躍を披露し、シーズン終了後にチェルシーへと引き抜かれた。2018年夏にレアル・マドリードへ完全移籍。

● クーン・カステールス(Koen Casteels)
代表:ベルギー代表
Pos :GK
生年月日:1992/6/25(26歳)
身長/体重:197cm/78kg
現所属:ヴォルフスブルク(ドイツ)
市場価値:1000万ユーロ(約13億円)
ゲンク在籍期間:2002年~11年夏
ゲンク通算:0試合
加入時:下部組織
移籍時:120万ユーロ(約1億5650万円)

▽クルトワと同い年かつ、同じゲンクの下部組織で育成された大型GK。ゲンク時代はクルトワの控えに甘んじていたが、ホッフェンハイムを経て15年冬にヴォルフスブルクへ加入後は長年に渡って正守護神を務めていた元スイス代表GKディエゴ・ベナーリオからポジションを奪い取るなどブンデスリーガ屈指のGKとして評価される。

● カリドゥ・クリバリ(Kalidou Koulibaly)
代表:セネガル代表
Pos :CB
生年月日:1991/6/20(27歳)
身長/体重:195cm/89kg
現所属:ナポリ(イタリア)
市場価値:7000万ユーロ(91億円)
ゲンク在籍期間:2012年夏~14年夏
ゲンク通算:92試合3ゴール
加入時:130万ユーロ(1億6900万円)
移籍時:775万ユーロ(約10億750万円)

▽ビッククラブが獲得を熱望する大型CBもゲンクから世界へ羽ばたいた選手の1人だ。生まれ故郷であるフランスの育成の名門メスの下部組織出身で、12年夏に加わったゲンクで大ブレイク。在籍した2シーズンで92試合に出場するなど中心選手として大活躍し、14年夏にイタリアの強豪ナポリへと引き抜かれた。イタリア移籍後はさらに成長を続け、今や殆ど穴のない世界最高峰のCBとして君臨している。

ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る