DAZNニューイヤーカップ【札幌vs千葉】

札幌 千葉

個々のレベル差がはっきりと現れた試合

スコアレスドローとなった試合だが、MOMはGK金山隼樹(札幌)だろう。PK阻止1つに決定機阻止も1つ。前半に出場していたGKク・ソンユン(札幌)も決定機阻止を記録しており、札幌キーパー陣がいかに違いを見せていたかがわかる。
ST早坂良太やSMF兵藤慎剛などはピッチ上を走り回り、スペースを生み出すなどの動きができていた。
北海道コンサドーレ札幌の移籍動向と所感
北海道コンサドーレ札幌の開幕スタメン予想!と流れ
こちらでも取り上げたが、あくまで札幌はCF都倉賢やSB福森晃斗で勝ち上がってきたチーム。さらにはCB増川隆洋、CMF宮澤裕樹、DMF河合竜二、OMF小野伸二らが不在な状態で、完全に近い状態のJ2千葉とやりあえていた点は大きなポイント。PKを与えたSMF石井謙伍は明らかなミスだったが、こちらも千葉のCB多々良敦斗のPKシーンに似たものがある。百戦錬磨のJ1FW陣、代表レベルのFW陣とやりあうには対応力として厳しものがある。
また、千葉側ではRSB北爪健吾、OMF清武功暉、CMF高橋壱晟の動きが素晴らしかった。特にCFラリベイを獲得した千葉にとってはOMF清武功のロングスローは大きすぎる武器になるだろう。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る