大宮アルディージャの開幕スタメン予想!と流れ

LINEUP111484998403115

チーム 2016年成績 formation keyplayer 期待!
J1 5位 4-2-2

今年も併用?加藤vs塩田GK加藤順大とGK塩田仁史の併用も功を奏しているチームだが、OMF家長昭博・SMF泉澤仁といった顔が抜けたにしろチームとしての熟成期に突入した2017大宮としてはそろそろレベルアップも図りたい。リーグ戦だけではなくカップ戦も含めてタイトル獲得のためにはGKで安定することも大きな要素だ。
新たな獲得も、ユースからの昇格もないため、フロントはGK陣に信頼をおいていると見るのが打倒だろう。おそらくはメンバーも信頼をよせている。不変ではなく切磋琢磨して底上げを狙いたい。

DFの攻撃参加を望みたい大宮

チームとして、2011仙台や2012仙台が同様のタイプとなる。ただ、唯一異なるのはSBパク・チュソンやSB菅井直樹といったところまで昇華できていないこと。昨年讃岐から獲得したLSB沼田圭悟は怪我を負ってしまった点が惜しかったが、今年は新加入なく現有戦力間での競争となる。SB沼田も、SB奥井諒も、SB和田拓也、SB渡部大輔含め、バランスのとり方がうまい。CB菊池光将とCB河本裕之にはさらなる失点数減少に期待がかかるが、減らせただけACLに近づくとも言える。

新たなチームの顔

新加入のSMF瀬川祐輔と大宮2年目のSMF江坂任が2017大宮を牽引する存在となっていくだろう。両者とも2015群馬・2016群馬を牽引する立場をプロ1年目から経験できた点が大きく、チームを引っ張るという意識を持った選手として大宮に加入した。結局のところそのようなプロのメンタリティーを持っていること、勝者のメンタリティーも大事だが、チームの為に何ができるかを知っている・感じることができる人間は、どの社会であっても重宝される。そんな彼らがいること自体が素晴らしい。また、中央にはユースからCMF山田陸が昇格し、CMF茨田陽生、CMF長谷川アーリアジャスールを獲得。DMFマテウスや2015年松本でJリーグ最高の走行距離を叩き出した無尽蔵のスタミナをもつCMF岩上祐三と戦力が整っており、SMF泉澤仁の移籍があっても十二分な対応ができるはず。あとは全体的に責任力を培うことができれば、勝手にレベルは上がる。2016シーズン途中で芽生えた、CMF横谷繁のように。

大エースのチェンジ

ST家長昭博という大黒柱は抜けたものの、これまで清水エスパルスの大黒柱として君臨し続けたST大前元紀を獲得することに成功。CFムルジャとともに最前線で戦い続けることになる。前線の枚数はたしかに少ないが、中盤の量が魅力で、SMFネイツ・ペチュニクやSMF瀬川祐輔はFWとしての可能性も見込める。
相手によって、4-4-2、4-2-3-1、4-3-3と上手く使い分けることができるようになったのも2017大宮の成長点。現状で言えば、2017年1月26日に実施されるPSM FC東京戦のメンバーに注目したい。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る