C大阪はDF丸橋祐介の終了間際の2ゴールで連敗を防ぐ J1 第18節 仙台vsC大阪

DF丸橋祐介が今季5ゴールの活躍

 J1再開から未だ勝利がないC大阪は、前半11分フリーキックからDF丸橋祐介がゴールを決める。C大阪の4選手がボールに触れずスルーする形になり、仙台GK関憲太郎にとってはブラインドとなった。対する仙台も前半30分MF中野嘉大の見事なサイドでの仕掛けからグラウンダーの速いクロス。これをFW西村拓真が反応し2戦連続となる同点ゴールを決める。
 1-1で前半を折り返し、後半39分途中出場のDF永戸勝也がコーナーキックのこぼれ球を拾う。この際副審がオフサイドの判定をするもプレーは続行。足が止まったC大阪のスキを見逃さなかったMF蜂須賀孝治がヘディングで逆転。このまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、DF丸橋が難しい体勢から同点ゴールを決め2-2の同点とし試合は終了。
 C大阪は現在リーグ戦4試合勝利なし。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る