浦和が首位広島を4ゴールで圧倒!FW興梠慎三が2ゴール J1 第18節 広島vs浦和

広島はここ2試合調子が上がらず

 首位広島は、浦和をホームに迎えた。広島は第16節G大阪に大量4ゴールで圧勝してから、第17節最下位名古屋に18本のシュートを打つもスコアレスドローと調子が上がらずにいた。浦和は第16、17負け無しと好調。
 好調浦和は前半25分裏へうまく抜け出したFW興梠慎三が先制点を決める。しかし広島も38分DF千葉和彦のゴールで同点に、1-1で前半を折り返す。
 後半広島は、MF柏 好文からDF佐々木翔のクロスにFWパトリック、ティーラシンが合わせるという形を何度か見せシュートで終わることができるも得点とはならず。対する浦和は、後半26分MF柏木陽介がPKを獲得し、FW興梠が落ち着いてPKを決め勝ち越しに成功する。このゴールがから浦和ペースに。後半31分中盤でボー奪取、そのままカウンターからDF宇賀神友弥がゴールを決め、さらに終了間際FWファブリシオの個人技から移籍後初ゴール。4-1で浦和が勝利した。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る