G大阪 宮本新監督の初陣は好調鹿島にドロースタート J1 第18節 G大阪vs鹿島

宮本新監督の初陣

 G大阪 宮本新監督体制になって最初の試合は、現在2試合で8得点とFW鈴木優磨を中心に波に乗る鹿島。G大阪はMF三竿健斗からボールを奪ったFWアデミウソンがキーパーと1対1の形になるも決めることができず…。鹿島は前半終了間際セットプレーからDF犬飼智也→DF町田浩樹と、怪我で出場できない昌子源、移籍した植田直通の穴を埋める2人のセンターバックが先制点をもぎ取る。
 後半、鹿島は守備を固めたG大阪を崩すことができず曖昧なパスミスからカウンターという流れが増え始める。後半25分G大阪が前線でのカットからDF米倉恒貴がスーパーゴール。本人は「FWファンウィジョへのクロス」と話したようだが、値千金の同点ゴールとなる。ここからG大阪はペース。FWファンウィジョ、アデミウソンらを中心に攻め続けるもあと1点を決めることができず試合終了。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る