【ベルギーリーグ】若手逸材の宝庫!ベルギーリーグでプレーするNEXTブレイク候補11名

7人の日本人選手が在籍することで、日本国内での盛り上がりも考えられるベルギーリーグ

▽他の欧州主要リーグと比べ一足先に開幕を迎えたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ。ロシアW杯におけるベルギー代表の大躍進は非常に話題になったが、ほとんどの選手が国内リーグ出身であり、今後も多くのスター選手が輩出されると予想される。
▽今回、ブレイク間違いなし!と注目する若手選手11名を「Evolving Data」が独自に厳選!それではご紹介していこう。
*2018/10/15に「FIFA19」の能力値を付け足しました。

● カルロ・レティツァ(Karlo Letica)
代表:クロアチア代表
Pos :GK
生年月日:1997/2/21(21歳)
身長/体重:201cm/90kg
利き足:右
所属:クラブ・ブルージュ
昨季リーグ戦:19試合1ゴール14失点(ハイデュク・スプリト/クロアチア)
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:72/80

▽今年の夏の市場で獲得した将来のクロアチア代表の正守護神候補。最大のストロングポイントは、200cmを超える身長を活かした手足の「リーチの長さ」だが、飛び出しやシュートに対する反応も早く、同じく高身長のベルギー代表GKティボー・クルトワのような選手になると期待されている。
 昨季のイストラ戦では、後半アディショナルタイムに劇的ゴールを記録。このゴールで世界的に注目を浴びたレティツァは、1部デビューしてからわずか半年でレアル・マドリードが獲得に興味を示すなど、欧州屈指の若手GKとして注目を浴びることに。ロシアW杯の予備登録メンバー35名には選出されたものの、惜しくも23人のメンバーに残ることが出来なかった。ただ、”ある意味”この落選はレティツァにとっては朗報だったのかもしれない。7月の最終週から開幕するベルギーリーグはシーズン始動が早く、仮にW杯メンバーに残っていたらスタメン争いで確実に出遅れていた。結果的にプレシーズンでアピールに成功したレティツァは、先日のカップ戦でスタメン出場し、勝利に貢献するなど新天地でスタメンの座を掴んだ。この調子で1シーズンを戦い抜いて欲しい。

*日本では「カルロ・レティカ」と表記するメディアもあるが、現地の発音では「カルロ・レティツァ」。

● エリアス・コボー(Elias Cobbaut)
代表:ベルギーU-21代表
Pos :LSB
生年月日:1997/11/24(21歳)
身長/体重:188cm/78kg
利き足:左
所属:アンデルレヒト
昨季リーグ戦:29試合1ゴール2アシスト(メヘレン)
「FIFA19」能力値/ポテンシャル:69:79

▽2部へと降格したメヘレンが、置き土産として1部に残していった大型サイドバック。LSBとCBの両方でプレー出来るポリバレント性を持ち合わせている。左足から放たれる高精度のクロスが最大の武器であり、185cmのディマタ、190cmのサンティニが中央に構えるアンデルレヒトの1つの攻撃の形となりそうだ。
 これから1対1が強くなれば、本格的にCBに挑戦するのは”あり”かもしれない。ベルギー代表にはヤン・ヴェルトンゲンという絶対的な選手がいるが、コボーは彼の後釜となれる素質を持ち合わせている。サイドバックとして必要な走力に加えて、高精度のロングパス、CBとしては申し分のない188cmという高さ、そしてヴェルトンゲンと同じ利き足が「左」という点。これに1対1の強さを植え付ければポスト「ヴェルトンゲン」になれる可能性を秘めている。今後どのようなプレースタイルを確立していくか注目だ。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る