【ポーランド戦日本代表速報中】チームを救った川島永嗣のスーパービッグセーブ!チームを救う気持ちを見せる

 何があったかと言われれば、攻守両面で1つずつのハイライトがあったくらいだ。前半に中身は少なかった。
 しかし、「控え組・ターンオーバー」とは呼んではならない。それだけこのメンバーは素晴らしい動きを行っていた。


 前半攻撃のハイライトはFW武藤嘉紀が相手エリア脇でカットし、入り込んできたMF宇佐美貴史に出せばゴール、と思われるシーンで自ら横にスライドし、SB長友佑都に預けてしまった部分だった。
 守備では、過去2試合でミスを露呈したGK川島永嗣がゴールライン上でシュートを防ぎ、SB酒井宏樹がクリアした点だ。

 しかし最大の見所は違う。見ていてほしい。4-4-2ではなく、瞬間瞬間において、3-5-2、R3-2-3-2、L3-2-3-2、4-3-2-1などフォーメーションを使い分けて対応しているのだ、可能としているのが酒井高徳と宇佐美貴史のポジショニングによる。今回の戦術を実行するために必要だったのが彼らなのだろう。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る