【プレイバック2014】ドイツ撃破のメキシコに見る2014コスタリカの憧憬

強国とあたり続けた2014年のコスタリカ

 メキシコがドイツを破った。序盤から攻撃の手を緩めなかったメキシコは、序盤から”牽制”の攻撃を繰り出す。ドイツ両CBマッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテングは向かってくるハビエル・エルナンデス(チチャリート)をいなすが、牽制に見えていた攻撃に『毒』が盛られていたことには気が付かなかった。
 ドイツはボランチに守備的なサミ・ケディラを配し、LSBには当日変更でマルヴィン・プラッテンハルトが名を連ねたこともあり、右サイドのヨシュア・キミッヒを起点に攻めることを選択。多少の幸運にも恵まれたものの、メキシコの狙いはまさに「キミッヒ」を起点にさせることにあった。高い位置にわざとキミッヒを侵入させ、LSBヘスス・ガジャルドとLMFイルビング・ロサーノが止める。チチャリートがCBと対峙する間に両サイドがスプリントをかけたところに配給し、ディフェンスのズレが生じたところを確実に決める。戦略は功を奏した。ロサーノの値千金先制弾によりメキシコは破顔一笑の勝利を得た。


 本大会は、前大会でのモデルケースとなったチーム、強者チームが下位チームに善戦されるケースが多い。ウルグアイに迫ったエジプト、フランスに肉薄したオーストラリア、アルゼンチンから勝ち点を奪ったアイスランド、そしてドイツに勝利してみせたメキシコだ。
 強国は露出が多く、データの取得がたやすい。そのような弱者の兵法を心得て実践したのが、2014年ブラジル・ワールドカップにおけるコスタリカだった。

 初戦コスタリカが対戦したのは、2010年南アフリカW杯MVPディエゴ・フォルラン擁するウルグアイだった。FWエディソン・カバーニ、CBディエゴ・ゴディンなどと各ポジションに世界トップクラスの選手を配したチーム相手に、コスタリカは勝利した。先制こそカバーニに許すも、54分、57分と立て続けに得点して勝負あり。なんとカバーニに得点を許して以降336分の間無失点に抑え続けることとなる。
 続く二戦目のイタリアにも勝利し、三戦目のイングランドはスコアレスドロー。ウルグアイだけでなく欧州の強国相手に戦い抜き、史上最悪の死のグループと称されたグループは、FIFAランク下位2カ国が上位2カ国を破ってノックアウトステージへ進出するジャイアントキリングが発生した。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る