【ロシアW杯プレビュー】スウェーデンvs韓国|イブラ不在のスウェーデンと韓国が激突!(グループF)

▽先日、4年に1度のフットボールの祭典『W杯』が開幕した。昨日、前回大会王者ドイツ代表がメキシコ代表に敗れるというサプライズが起きた。その2チームがいるグループFもう1つの試合、スウェーデンvs韓国が今夜行われる。両チームの通算対戦成績は、2試合で2分と五分五分。

▽スウェーデン代表は、フランス、オランダ代表といった強豪国がひしめくグループを2位通過。プレーオフの末に3大会ぶりのW杯出場を獲得した。一方の韓国代表は、アジア最終予選で苦戦。最終節までもつれ込んだが、9大会連続のW杯出場権を獲得した。

▽グループステージは、勝ち点を1つでも多く積み上げることが突破の最低条件となる。初戦の結果がチームの勢いや心理的に与える影響は大きく、両チーム共に『本気』の陣容で臨むことになるだろう。

▽それでは両チームの予想フォーメーションと注目選手をみていこう。

〈スウェーデン代表〉フォーメーション4-4-2

▽負傷者:なし
▽出場停止:なし
▽EURO2016をもって同国代表の最多得点記録保持者であるFWズラタン・イブラヒモビッチが代表引退。これが影響で得点力不足に陥ると予想された。しかし、現実は予想と全く違う結果に。FWマルクス・ベリ(アル・アイン)が8ゴールを記録。DFのミカエル・ルスティグ(セルティック)、アンドレアス・グランクヴィスト(FKクラスノダール)が3ゴールずつ記録するなど、セットプレーからも多くのゴールを量産した。この結果、予選10試合でフランス、オランダよりも多い26ゴールを記録した。
▽注目選手
名前:アンドレアス・グランヴィスト
Pos:DF
年齢:33歳
所属:FKクラスノダール(ロシア)
代表:71試合6ゴール

▽スウェーデン代表を3大会ぶりのW杯出場導いた主将。昨年は、10年連続同国最優秀選手に選出されていたイブラヒモビッチを押しのけて、年間最優秀選手に選出された。試合中は卓越したリーダーシップを発揮するだけでなく、身長192cmを活かしたセットプレーからの得点も大きな武器だ。
 

〈韓国代表〉フォーメーション4-4-2

▽負傷者:なし
▽出場停止:なし
▽予選では深刻な得点力不足に陥った韓国代表。”エース”FWソン・フンミン(トッテナム)が、わずか1ゴールしか奪うことが出来ず予選10試合で11ゴールに終わった。さらに、守備面でも10失点と少なくなく、全体的に大きく不安を残す。

▽注目選手
名前:イ・スンウ
Pos:MF
年齢:20歳
所属:エラス・ヴェローナ(イタリア)
代表:2試合0ゴール

▽今大会に向けてサプライズ招集をされた”韓国のメッシ”。圧倒的な高さを誇るスウェーデン代表から得点を決めるためには、この男のスピードが大きくカギを握りそうだ。
〈予想スコア〉
  2-0
スウェーデン代表が空中戦を支配。セットプレーから2ゴールと予想。
〈放送予定〉
放送局:NHK
放送日程:6月18日(月)20:45~23:09
キックオフ:21:00

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る