【ラ・リーガ】Evolving Data選出!各表彰&ベストイレブン

 全20チームで争われるスペイン、ラ・リーガ・サンタンデール。今季開幕前、リーガに激震が走った。バルセロナの攻撃を牽引していたブラジル代表FWネイマールが、史上最高額でパリ・サンジェルマンへ電撃移籍。バルサにとっては苦しいシーズンとなると予想されたが、今季より新たに就任したエルネスト・バルベルデ新監督は、バルセロナ伝統のフォーメーション4-3-3ではなく、4-4-2へとシステム変更。さらには、広州恒大から獲得したブラジル代表MFパウリーニョや、メッシ、スアレスの息の合った2トップの大活躍でシーズン前半を無敗で折返す。後半戦になるとリバプールから獲得したブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョや、ケガにより適応に苦しんでいたフランス代表FWウスマン・デンベレが、チームの戦術に馴染んだことでさらに熟練したチームとなった。37節のレバンテ戦で4-5でシーズン初黒星を喫するまで無敗記録「43」試合というリーガ新記録を更新し続けるなど無敵の強さをみせ、1年ぶりのリーガ優勝を成し遂げた。一方のライバル、レアル・マドリードは開幕直後から苦しむ。”エース”クリスティアーノ・ロナウドが開幕に間に合わず、5節に復帰したと思えば、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルが相次いで負傷。いざ復帰したロナウドも深刻な得点力不足にあえぐなど、かつてリーガ最強といわれた”BBC”トリオの姿はそこにはなかった。シーズン後半にかけて復調するも、時すでに遅し。ベンゼマは09年夏にチーム加入以降最低の5ゴールに終わり、昨季09年に加入以降ワーストの25ゴールに終わったロナウドは、それこそ上回るも26ゴールに終わった。この状況にレアル・マドリードの首脳陣はイングランド代表FWハリー・ケイン(トッテナム)やポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)の獲得を検討している。結果、同じマドリードを本拠地とするアトレティコ・マドリードにも競り負け3位でシーズンを負えた。レアルが苦しむ中復活を遂げたのが”古豪”バレンシアだ。昨季12位に終わったバレンシアだったが、シーズン途中まで2位につけるなど、シーズンを通じて好調なシーズンを過ごし4位でフィニッシュした。
 今季、リーガでは3名のクラブのユースチーム出身の選手が退団を発表。バルセロナのスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、アトレティコ・マドリードの元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス、レアル・ソシエダのスペイン人MFシャビ・プリエト。これだけのチームのレジェンドが揃って退団するのは非常に珍しいことだろう。イニエスタ、トーレスは日本を始め様々なクラブが獲得に乗り出しており、現役続行を表明している。一方、生涯”ラ・レアル”を貫いたプリエトは現役引退を発表した。
 今季は、MF乾貴士(エイバル)、柴崎岳(ヘタフェ)の2名の日本人選手がプレーした。乾はエイバルの不動のLWGとして34試合に出場。5ゴール1アシストを記録しチームのリーガ史上最高位となる9位フィニシュに大きく貢献した。昨夏に2部テネリフェより加入した柴崎は、4節のバルセロナ戦で衝撃のスーパーボレーを決める。しかし、この試合の途中で負傷しチームを離脱。この負傷はシーズンを通して響き、絶対的なポジション確保には至らなかった。
 それではEvolving Dataが独自に厳選した、今季のラ・リーガの各表彰&ベストイレブンをみていこう。


▽最優秀選手
FW リオネル・メッシ(バルセロナ)36試合34ゴール12アシスト

▽最優秀若手選手
FW ゴンサロ・グエデス(バレンシア)33試合5ゴール9アシスト

▽カムバック賞
FW クリスティアン・ストゥアニ(ジローナ)33試合21ゴール0アシスト

▽得点王
FW リオネル・メッシ(バルセロナ)34ゴール

▽アシスト王
MF パブロ・フォルナルス(ビジャレアル)12アシスト
FW リオネル・メッシ(バルセロナ)12アシスト
FW ルイス・スアレス(バルセロナ)12アシスト

▽最多クリーンシート
GK ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)22試合

▽最多セーブ
GK フェルナンド・パチェコ(アラベス)124セーブ

▽最多タックル
MF サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)131回

▽最多インターセプト
DF ホニー・カストロ(セルタ)89回

▽最多クリア
DF ジェネ(ヘタフェ)185回

▽最多デュエル勝利
FW ジェラール・モレノ(エスパニョール)311回

▽最多ドリブル成功
FW リオネル・メッシ(バルセロナ)181回

▽最多パス成功
MF イバン・ラキティッチ(バルセロナ)2254本

▽最多キーパス
FW リオネル・メッシ(バルセロナ)89本

▽最多クロス
MF アレックス・グラネル(ジローナ)64本

▽日本人選手成績
MF 乾貴士(エイバル)34試合5ゴール2アシスト
MF 柴崎岳(ヘタフェ)22試合1ゴール0アシスト

▽順位
1.バルセロナ(CL)
2.アトレティコ・マドリード(CL)
3.レアル・マドリード(CL)
4.バレンシア(CL)
5.ビジャレアル(EL)
6.レアル・ベティス(EL)
7.セビージャ(EL予選)
8.ヘタフェ
9.エイバル
10.ジローナ
11.エスパニョール
12.レアル・ソシエダ
13.セルタ・デ・ビーゴ
14.アラベス
15.レバンテ
16.アスレティック・ビルバオ
17.レガネス
18.デポルティーボ・ラ・コルーニャ(降格)
19.ラス・パルマス(降格)
20.マラガ(降格)

2ページ目では今季のベストイレブンをご紹介!



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る