今年の夏に『MLS』へ移籍しそうな注目選手を徹底スカウト!!

 先日、ロサンゼルス・ギャラクシーに元スウェーデン代表FW、ズラタン・イブラヒモビッチが加入したことで再び盛り上がりをみせているメジャーリーグサッカー(以下、MLS)。MLSは日本ではあまり馴染みのないリーグだが、素晴らしいスタジアムや熱狂的なサポーターなど、実は欧州サッカーに引けを取らないほどのサッカーコンテンツとなっている。今年のロシアW杯終了後にも、多くの有名選手がアメリカの地へ渡るとされている。
 今回は、今季終了後にMLSへと移籍する可能性が高い選手10名をご紹介する。


イケル・カシージャス 
代表歴:元スペイン代表(167試合0ゴール)
Pos :GK
年齢:36歳
所属:ポルト
移籍が噂されるクラブ:シカゴ・ファイアー

 かつてイタリア代表GK、ジャンルイジ・ブッフォンと共に世界最高峰のGKとして君臨していたスペインのレジェンド。カシージャスは2015年夏から所属するポルトと、今年の夏をもって契約満了となる。昨季はリーグ戦33試合に出場し、わずか16失点と全盛期さながらのパフォーマンスを連発。しかし、今季は一時期ポルトガル代表GK、ジョゼ・サに先発の座を譲るなどベンチを温めることも少なくなく、今季限りでのポルト退団が確実視されている。、
 移籍が噂されるシカゴ・ファイアーには、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが在籍しており、移籍が実現すればシカゴの地でスーパースター同士の共演が叶うこととなる。



固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る