【J1開幕】開幕節ベストイレブンとMVP【J2開幕】


 J2のベストイレブンは上記の通りで、
GK:守田達弥(松本)
CB:深津康太(町田)
CB:阿部海大(岡山)
RWB:小野瀬康介(山口)
LSB:輪湖直樹(福岡)
DMF:丸谷拓也(大分)
CMF:宮阪政樹(大分)
OMF:平戸太貴(町田)
LWG:オナイウ阿道(山口)
RWG:後藤優介(大分)
CF:岸本武流(水戸)
の11名となった。 


 無失点かつビッグセーブも見せた守田達弥を守護神と据え、共に無失点に貢献し、パスワークでもミス率の少なかった深津と高卒ルーキー阿部がCBでノミネート。得点に絡んだ両サイド輪湖・小野瀬に加え、ボランチラインからは共に大分の丸谷・宮阪が名を連ねた。特に宮坂はモンテディオ山形時代から右足の精度がずば抜けている選手だ。左足に難こそあるが、右足の正確性であれば、日本人選手トップクラスのものをもっている。
 2アシストの平戸や3得点に絡んだ岸本は、2得点奪ったFWジェフェルソン・バイアーノを押しのけての選出となり、チームプレーに対して以下に徹したのかが大きなポイントになった。もう一人の2得点後藤優介の活躍は素晴らしいものだ。三平和司・藤本憲明との3トップは破壊力バツグンであり、ワンタッチワークから得点まで繋げられた点はそれだけ連携力の高さがわかる。
 最後にあげるFWオナイウ阿道がJ2今節MOMと考える。1得点、1アシスト、1起点、1コネクトと4点全てに絡んだ。さらには、エリア内でのフィニッシュワークだけでなく、一列降りてきてワイドに展開する運びも行うなど、クリエイティビティ能力の向上が見て取れた点が現状での成長に見えている。

DAZNは見逃し配信も超充実!



固定ページ:
1 2

3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る