【札幌】プレイバック&2018

【コンサドーレ札幌プレイバック2017】
 昇格初年度、問題は攻撃力から始まる。GKク・ソンユンを中心にJ2以上に守れていたというのがJ1での率直な印象だった。攻撃面もDF福森晃斗からFW都倉賢へと繋げるパターンは破壊力抜群だった。勝ちきれない時期が続く。まず見出した光明は、ユースから昇格したMF菅大輝。ホットラインをつなぐサイドアタッカー。いくらフィジカルに強くても試合内に訪れる回数は約5回ほど。トップクラスのプレイヤーでも勝率は70%。勝率で勝てども50%も入らない。J2では最大の特徴足り得た攻撃も、地上戦がJ1では必要となった。
 続いて、夏にはMFチャナティップ・ソングラシンが加入。切れ込むアタッカーとコネクタータイプのパスワーカーは札幌に新たなセンスをもたらした。結果として残留へと導いた補強の最大ポイントは、ベガルタ仙台からやってきたDF石川直樹とFWジェイの二人だろう。サイドの守備に安定感をもたらし、カウンターを防ぐことで失点減少につなげた石川、都倉以外のターゲットかつとあまりある身体能力は終盤戦の大きな武器となった。

【ミハイロ・ペトロヴィッチ的2018】
 チームの核はずらさない。となれば、GKク・ソンユン、CB福森晃斗、CB横山知伸、WB石川直樹、MFチャナティップ、FW都倉賢、FWジェイはよほどの構想外とでも
ならない限り、残留だろう。ポイントはパサー型のボランチと、右ストッパー、さらに、右のアタッカーだ。最もあり得る展開は、前所属の浦和で余剰戦力となっているメンバーの引き抜きだろう。合致するのは『CB森脇良太』『FW李忠成』『FWオナイウ阿道』か。MF駒井善成は磐田が獲得を狙っている見方もあり、必ずしもとはいえない。しかし、森脇、李に関してはかなり確率も高いと思われる。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る