【注目選手】EURO 2020で大ブレイクする可能性がある8選手(グループA~グループC)

*スマホでご覧の方は画面を横にすると見やすくなります!

毎大会NEWスターが誕生するEURO

▼いよいよ2021年6月11日に開幕するEURO 2020。本来は2020年に開催予定だったEUROだが、新型コロナウイルスの世界的な大流行に伴い1年延期。22年にカタールW杯が控えている中、その1年前に開催されることとなった。

▼EUROに限らず国際大会というのは新たなスターが誕生する大会である。2016年に行われた前回大会でポルトガル代表の優勝に大きく貢献したレナト・サンチェスやラファエル・ゲレイロはそれぞれバイエルン、ドルトムントへと引き抜かれている。

▼そこで「Evolving Data」ではEURO開幕直前に今大会のブレイク候補を独自に厳選!まずはグループA~グループCに登場するチームの中で注目する8選手を紹介したいと思います。

《EURO 2020の大会概要とグループステージ順位表》

【UEFA EURO 2020】WOWOWで全試合放送!大会概要&順位表

《EURO 2020の試合日程と試合結果・ハイライト》

【UEFA EURO 2020】WOWOWで全試合放送!大会日程と試合結果

“ダークホース候補”トルコ代表の守護神《グループA》

● ウグルカン・チャクル(Ugurcan Cakir)
代表:トルコ代表
Pos:GK
生年月日:1996/4/5(25歳)
身長/体重:191cm/78kg
所属:トラブゾンスポル(トルコ)
2020-21シーズン:38試合36失点(スュペル・リグ)

▼今大会のダークホース候補の呼び声高いトルコ代表。これまでのトルコ代表はガラタサライ、フェネルバフチェ、ベシクタシュ、イスタンブール・バシャクシェヒルといった国内の強豪クラブの中心に構成されていたが、今大会は主力の大半が国外の強豪クラブでプレーしている選手である。エースのブラク・ユルマズ(リール)やハカン・チャルハノール(ACミラン)、ジェンギズ・ウンデル(レスター)といった選手は所属クラブで国際経験が豊富だ。そして、国際大会を勝ち上がるためには守備陣の安定が不可欠である。現在のトルコ代表は守備陣に非常にいい選手が揃っておりRSBのゼキ・チェリク(リール)を始め、チャグラル・ソユンチュ(レスター)、オザン・カバク(リバプール)、メリフ・デミラル(ユベントス)、カール・アイハン(サッスオーロ)のCB4枚は今大会でもトップクラスの選手層である。

▼そしてトルコ代表で最も注目している選手が正GKのウグルカン・チャクルだ。2020-21シーズンから所属するトラブゾンスポルで主将を務めるチャクルは、21年の3月から行われているカタールW杯予選から正GKに定着。以降EURO開幕前の時点で4試合に先発出場しており、いずれも無敗だ。4-2と勝利したオランダ戦ではPKストップを含む7セーブを記録した。代表キャップも8試合と代表経験は少ないものの、38試合で36失点、13試合でクリーンシートを達成したリーグ戦での活躍を踏まえればスタメン起用に異論の余地はないだろう。

▼EURO開幕以前、何なら昨夏より移籍市場の注目株であったチャクル。21年4月や5月の時点ではドルトムントが獲得レースをリードしていると噂されていたが、シュツットガルトからスイス代表GKグレゴール・コーベルを獲得したためドルトムント行きの可能性はかなり低くなった。ウーゴ・ロリスの後釜を探すトッテナムやアリソンの控えを探すリバプールなど多くの強豪が獲得に興味を示しており、EUROの活躍次第では他のトルコ代表の選手のように国外の強豪へとステップアップする可能性もあるだろう。

中盤にケガ人続出のイタリア代表のキーマン《グループA》

● マヌエル・ロカテッリ(Manuel Locatelli)
代表:イタリア代表
Pos:DMF/CMF
生年月日:1998/1/8(23歳)
身長/体重:184cm/75kg
所属:サッスオーロ(イタリア)
2020-21シーズン:33試合4ゴール3アシスト(セリエA)

▼まさかのロシアW杯予選敗退からおよそ3年、ロベルト・マンチーニ監督の下でイタリア代表は復活の兆しをみせている。18年5月に監督に就任以降、イタリア代表はEURO開幕前までに30試合を戦い21勝7分2敗と好成績を収めている。19年に行われたEURO予選は全勝で突破、21年3月から行われているカタールW杯予選でも3連勝スタートを切っており、連続無敗記録は27試合に更新中である。

▼まさに絶好調と言っても過言ではないイタリア代表だが、EURO開幕前に大きな不安要素を抱えている。それが中盤の選手の相次ぐ負傷離脱だ。リーグ終盤に膝を負傷したマルコ・ヴェラッティ(パリ・サンジェルマン)は代表メンバーに選出されてはいるが、EURO開幕前の時点では試合に出場出来る状態にはなっていない。また、26名の代表メンバーに選出されていたステファノ・センシ(インテル)とロレンツォ・ペッレグリーニ(ローマ)の2人が、EURO開幕直前に負傷のため代表から離脱。代わりにマッテオ・ペッシーナ(アタランタ)とガエターノ・カストロヴィッリ(フィオレンティーナ)が追加招集されたがいずれも代表経験はかなり浅い。

▼この危機的状況で大きな期待が寄せられているのがマヌエル・ロカテッリ(サッスオーロ)だ。直近のW杯予選ではジョルジーニョ(チェルシー)が不在だったため4-3-3のアンカーポジションで起用されていたロカテッリだが、今大会では一列前のインサイドハーフでの起用が濃厚となっている。豊富な運動量でハードワークを厭わないニコロ・バレッラ(インテル)と共に守備時は中盤で汗かき役となり、ボール保持時は攻撃にリズムを与える役割を担うことになるだろう。また、所属するサッスオーロのロベルト・デ・ゼルビ監督が2020-21シーズン限りで退任したこともあり、サッスオーロのマネジメント陣は今夏のロカテッリのステップアップを示唆している。

ベルギー代表の新たな顔《グループB》

● ユーリ・ティーレマンス(Youri Tielemans)
代表:ベルギー代表
Pos:CMF
生年月日:1997/5/5(24歳)
身長/体重:176cm/72kg
所属:レスター(イングランド)
2020-21シーズン:38試合6ゴール4アシスト(プレミアリーグ)

▼今大会の優勝候補に挙げられるFIFAランキング1位ベルギー代表。ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)やロメル・ルカク(インテル)といった選手はまさにキャリアの全盛期を迎えており、今大会のパフォーマンスに注目が集まる。一方でエデン・アザール(レアル・マドリード)や32歳を過ぎたCB陣(トビー・アルデルヴァイレルトやヤン・フェルトンゲン、トーマス・フェルマーレンら)はキャリアの下降線を辿っており、次の世代の選手があまり出てきていないのは少々気がかりではある。実際、今大会の代表メンバーで25歳以下の選手は26名中わずか4名だ。

▼殆どの代表選手がキャリアの全盛期を迎えている中で、今後さらに成長しワールドクラスの選手になることが期待されているのが24歳のユーリ・ティーレマンスだ。アンデルレヒトで史上最年少キャプテンを務めるなど10代の頃から注目されていたティーレマンス。特に直近のレスターでのパフォーマンスは際立っており、先日行われたFAカップ決勝ではチェルシー相手に決勝点となる見事なミドルシュートを決め、FAカップ初優勝となったレスターの歴史に名前を刻んだ。その高いパフォーマンスはベルギー代表でも披露しており、直近の全10試合に出場。代表でも絶対的な信頼を集めており、CL決勝で負傷したケビン・デ・ブライネが開幕戦を欠場することが濃厚となっている中でそのパフォーマンスに注目が集まる。また、以前よりメガクラブへのステップアップの噂が耐えない。レスターとの契約延長交渉中の報道もあったが、これまでのレスターの歴史を考えると設定している移籍金を満額支払うことが出来れば移籍の可能性もあるだろう。しかし、そもそもレスターはモナコから約4000万ポンドの移籍金で獲得しており、現状の契約は2023年夏までとなっているとはいえ安売りすることは考えにくい。

デンマークの新エース候補《グループB》

● ヨナス・ウィンド(Jonas Wind)
代表:デンマーク代表
Pos:CF
生年月日:1999/2/7(22歳)
身長/体重:190cm/82kg
所属:コペンハーゲン(デンマーク)
2020-21シーズン:18試合11ゴール4アシスト(デンマーク・スーペルリーガ)

▼グループAのトルコ代表と同じく今大会の台風の目になると期待されているデンマーク代表。18年のロシアW杯では後に準優勝するクロアチア代表にPK戦の末に敗れたが、直近の国際大会で確かな爪痕を残している。19年に行われたEURO予選では無敗で首位通過。20年に行われたネーションズリーグでは今大会でも同組のベルギーに2連敗を喫するも、強豪イングランド相手には1勝1分と勝ち越している。

▼デンマーク代表の強みは守備陣の安定だ。レギュラーCBのシモン・ケア(ACミラン)とアンドレアス・クリステンセン(チェルシー)のコンビは非常に硬く、仮にシュートを打たれたとしてもカスパー・シュマイケル(レスター)がゴール前に君臨しているためそう簡単には失点しない。実際、2021年に行われたEURO前までの試合では5試合中失点したのはドイツ戦の1点のみと安定した守備が持ち味だ。

▼そして前線にはクリスティアン・エリクセン(インテル)やユスフ・ポウルセン(ライプツィヒ)といった好タレントが多くプレーしているが、特に注目したいのがCFのヨナス・ウィンド(コペンハーゲン)だ。デンマーク中の若き才能が集結しているコペンハーゲンで22歳にして18試合で11ゴールを記録している。現在のデンマーク代表は絶対的なストライカーがおらず、カスパー・ドルベア(ニース)とアンドレアス・コルネリウス(パルマ)とウィンドでポジション争いをしている。ポウルセンもストライカーのポジションでプレー出来る選手だが、これまでの起用法を考えると2列目での起用が濃厚だろう。こういった経緯を考えると、大会期間中のパフォーマンス次第では一気にエースの座を掴むことも考えられる。

固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る