【AFCアジアカップ2019】王者奪還へ!日本代表メンバー&注目選手

 アジアカップで史上最多の4度の優勝を誇る日本代表。しかし、前回の2015年大会は準々決勝でUAEに敗れるという屈辱を味わった。それから3年の時を経て行われたロシアW杯では、前評判は決してよくなかったものの2大会ぶりにベスト16へ進出。敗れはしたが決勝トーナメント1回戦ベルギー戦では世界に衝撃を与える戦いをみせたのであった。大会終了後、ロシアW杯にもコーチとして帯同していた森保一監督が新たに就任。就任から5試合、ウルグアイなど強豪国とも対戦する機会があったが4勝1分と負け無しで9回目のアジアカップに臨むこととなった。

 今回、『Evolving Data』が日本代表のメンバーと独自に厳選した注目選手をご紹介!これを見てアジアカップを予習しよう!
 

目次

  • アジアカップでの日本代表の戦績
  • メンバー&予想フォーメーション
  • 日程
  • 注目選手
  • アジアカップでの日本代表の戦績

     今大会が9回目の出場。1988年のカタール大会で初出場を飾った以降、全大会に出場している。優勝は史上最多の「4回」で、最後の優勝は2011年大会。

    優勝:4回(1992,2000,2004,2011)

    メンバー&予想フォーメーション

    監督:森保一
    ■GK
    東口順昭(ガンバ大阪)
    権田修一(サガン鳥栖)
    シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

    ■DF
    長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
    槙野智章(浦和レッズ)
    佐々木翔(サンフレッチェ広島)
    室屋成(FC東京)
    三浦弦太(ガンバ大阪)
    冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
    吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
    酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

    ■MF
    遠藤航(シント=トロイデン/ベルギー)
    青山敏弘(サンフレッチェ広島)
    伊東純也(柏レイソル)
    中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
    南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
    堂安律(フローニンヘン/オランダ)
    原口元気(ハノーファー/ドイツ)
    柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
    守田英正(川崎フロンターレ)

    ▼FW
    北川航也(清水エスパルス)
    大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
    浅野拓磨(ハノーファー/ドイツ)

    *浅野拓磨の負傷離脱に伴い2018/12/18にFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が追加招集
    *守田英正、中島翔哉の負傷離脱に伴い2019/1/6にDF塩谷司(アル・アイン)、MF乾貴士(ベティス)を追加招集

    《予想フォーメーション》
    4-2-3-1

    日程

    《グループF》
    ●第1節
    1/9(水)
    日本 vs トルクメニスタン(20:00)

    ●第2節
    1/13(日)
    日本 vs オマーン(22:30)

    第3節
    1/17(木)
    日本 vs ウズベキスタン(22:30)

    注目選手


    吉田麻也(Maya Yoshida)
    Pos :CB
    生年月日:1988/8/24(30歳)
    身長/体重:189cm/78kg
    所属:サウサンプトン(イングランド)

     ロシアW杯後に日本代表の主将に就任した守備の要。空中戦に絶対の自信を持ち、持ち前の統率力で最終ラインを支える。また、セットプレーのターゲットとしても非常に有能で、現日本代表では大迫勇也と並び最多の10ゴールを記録している。12年夏に加入したサウサンプトンではMFスティーブン・デイビスと並びクラブ最古参。日本人で初めてプレミアリーグ100試合出場を達成するなど、「日本人CBは欧州で闘えない」という概念を変えた選手。

    長友佑都(Yuto Nagaromo)
    Pos :LSB/RSB
    生年月日:1986/9/12(32歳)
    身長/体重:170cm/68kg
    所属:ガラタサライ(トルコ)

     主将DF吉田麻也と共に3大会連続でアジアカップに出場するアジア最高のLSB。イタリアでも高く評価されたスタミナは未だ健在で、攻守に渡って存在感を発揮する。2011年大会の決勝では、延長戦でFW李忠成(浦和レッズ)の決勝ゴールをアシストし優勝の立役者となった。所属するトルコ屈指の強豪ガラタサライでは不動のレギュラーとしてプレー。18年10月に行われたUEFAチャンピオンズリーグシャルケ戦において、試合終盤にボールが胸部を直撃し「肺気胸」と診断。アジアカップの出場も危ぶまれたが、11月末に戦列に復帰しアジアカップメンバーにも選出。前回大会の悔しさを晴らす準備は整った。

    堂安律(Ritsu Doan)
    Pos :RMF/OMF
    生年月日:1998/6/16(20歳)
    身長/体重:172cm/70kg
    所属:フローニンヘン(オランダ)

     ビッククラブから注目を集める新たな「日本人スターの卵」。17年夏に19歳の若さで育成の名門であるオランダのフローニンヘ移籍。18年冬にFWウサマ・イドリシ(AZ)が退団してからは名実ともに「クラブの顔」とも言える存在となっている。所属クラブでの活躍が評価され、ロシアW杯後に日本代表に初招集。瞬く間にレギュラーポジションを確保し、強豪ウルグアイとの親善試合では代表初ゴールを記録した。A代表として初の国際大会となるアジアカップは「必ず優勝」と意気込み十分だ。

    中島翔哉(Shoya Nakajima)
    Pos :LMF
    生年月日:1994/8/23(24歳)
    身長/体重:164cm/64kg
    所属:ポルティモネンセ(ポルトガル)

     堂安律と共にビッククラブから注目を集める逸材。リオ五輪では背番号「10」を背負った。17年夏に所属していたFC東京に移籍を志願し、ポルトガルのポルティモネンセへ移籍。加入直後からレギュラーポジションを射止め、2桁ゴール&2桁アシストを記録するなど大成功を収めた。この活躍が認められ18年3月にA代表に初招集され、初ゴールも記録した。しかし、ロシアW杯メンバーには戦術的な理由でメンバーに含まれなかったが、大会終了後からは不動のポジションを確保。18年11月に行われたキルギス戦では、森保体制となってから初ゴールを記録。

    大迫勇也(Yuya Osako)
    Pos :CF
    生年月日:1990/5/18(32歳)
    身長/体重:182cm/71kg
    所属:ブレーメン(ドイツ)

     ロシアW杯でも大活躍した日本が誇る「半端ない男」。日本人では群を抜くボールキープとポストプレイが持ち味で、堂安、南野、中島の強力2列目トリオを最大限に活かせるFWだ。所属するブレーメンでは、代表で求められているプレーとは異なりサイドでの起用が多いが、第14節終了時点で3ゴールと今季ブンデスリーガでプレーする日本人選手の中で最も数字に残る結果を残している。代表メンバー23名に入れなかった前回大会の悔しさを今大会にぶつける。

     
    《【AFCアジアカップ2019】大会概要と出場国》

    【AFCアジアカップ2019】大会概要と出場国

     



    関連記事

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る