【現地実況】横浜F・マリノスvsFC東京|マリノスを封じるストーミング

 現地観戦する上でのポイントを抑えながら、マリノスとFC東京の観戦レポートをお届けしたい。マリノスは、ルヴァンカップを決勝で落としてしまった前週のスタメンからMF大津祐樹に替えてMF喜田拓也をスタメンに配置。対するFC東京はFW永井謙佑を控えからのスタートに切り替えた。マリノスは後方からパスで組み立てることで勝機と活路を見出すのに対し、FC東京は中盤での陣容を厚くした格好だ。要はポジショナルプレー型のマリノスとストーミング型のFC東京となり、奇しくもルヴァンカップ決勝と構図上は同種の傾向となった。

 しかし、前半早々に均衡は割られる。今週、兵役免除時のボランティア活動に関する虚偽報告書類提出に伴い、韓国代表からの永久追放の判定が出されてしまったFC東京のCBチャン・ヒョンスがCKからのセットプレイに頭で合わせて先制点を獲得する。チームメイトからの祝福もほどほどに、東京ベンチへ一目散に向かって深々と一礼した。
 パスワークで打開を図りたいマリノスだが、意思疎通が噛み合わず、横のレーンを3列ではなく4列にすることでコミュニケーション齟齬解消に向かう。それでもロングボールのオフサイドや中盤でのインターセプトを食らうなど、なかなか自分たちの時間を作り出せない。
 後半も状況は打開できない。一見ファウルでもおかしくないプレーもレフェリージャッジではスルー判定または東京ボールになることも多く、自分たちで時間をたぎる形に。最終盤、CBチアゴ・マルチンスとCBドゥシャンの2バック、LWGユンイルロク、RWG仲川輝人とワイドに開かせて、大津祐樹、伊藤翔、ウーゴ・ヴィエイラの3トップ(5トップ気味)にするも追加点を奪うことは出来なかった。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る