東京V、一時は逆転するも追いつかれ痛いドロー|レビューJ2第39節愛媛vs東京V

愛媛は3試合得点なし

 昇格を狙う東京Vは敵地愛媛、ニンジニアスタジアムへ乗り込んだ。先制は愛媛。前半31分愛媛のエース神谷優太に先制を許す。しかし東京はこの直後、泉澤がカットインからシュート。1-1の同点にすると前半終了間際、またしても泉澤のカットインからのシュートのこぼれ球をアラン・ピニェイロが決め逆転。
 逆転した東京ペースになるかと思われるも、後半22分小池が同点ゴール。2-2で試合は終了。愛媛は3試合無得点から上位東京に2得点と価値あるドロー。東京は逆転から追いつかれるという昇格を狙うクラブとして痛いゲームとなった。



愛媛vs東京Vのハイライト動画




関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る