FC東京の開幕スタメン予想!と流れ

LINEUP111485001546335

チーム 2016年成績 formation keyplayer 期待!
J1 9位 4-3-3

サードキーパー争い本来この項目はFC東京U23の項目で書くべきなのかもしれないが、GK波多野豪もGK廣末陸もどちらにもでてきてもらわねばならない選手だ。ファースト・セカンドはGK林彰洋・GK大久保択生で決定的。それでもらんきんぐがしっかりしているからこそ、練習でのアピールと成長がとても必要となるだろう。

不足するCB陣

CB森重真人とCB丸山祐市に控えるはCB吉本一謙、その次に来るのが2016F東京U23でJ3ベストイレブン級の活躍を見せたルーキーCB岡崎慎。代表2人からの格落ち感は半端ではない。DMF橋本拳人・RSB徳永悠平、LSB太田宏介をCBとして扱うことはあくまでも急場しのぎにほかならない。
それに対してSBは充実。RSBは徳永、RSB室屋成、LSB太田宏にLSB小川諒也、SB柳貴宏と最高の陣容を誇る。
他ポジションからスライドさせる必要もないくらいの十二分な陣容のため、小川・柳にはJ3でしっかりと成長してほしい。

高萩洋次郎の使い方

DMF高橋秀人が抜けたことと、DMF橋本拳人・DMF米本拓司が怪我中。CMF梶山陽平を使い続けることができれば話は異なるが、簡単なことではなく、次の若手はCMF平川怜と一気に若返ってしまう。データ上の走行距離や地上戦の強さと得点力の低さを考えればOMF東慶悟を一列下げるべきだとは思うが、CMF高萩洋次郎がどこまで海外でレベルアップしてきたかにもよるだろう。
サイドにはSMF中島翔哉、SMF永井謙佑と据えたが、永井を左にしてSMF河野広貴を右に据える形も可能。またはCMFに梶山などを起用できればOMFに高萩をあげてサイドに東をおくことも可能となる。

15点分は獲得すべきポジション

CF大久保嘉人、CF前田遼一、STネイサンバーンズでの3名が起用されると考えられるこのポジションでは絶対的に得点が求められる。タイプも異なるが、おそらくは彼らに対するアシスターこそが最も異なるのではなかろうか。上述したOMFやCMFに対する発言についても、どの組み合わせが最も得点を生み出すかによって全ては変わってくるのかもしれない。2016FC東京ではそのハマり方がイマイチだった点で城福体制は終焉し、篠田体制は負の遺産化した部分を削ったことで上昇の可能性をもたらした。それこそ、SMF中島翔哉もSMF永井謙佑も黙っちゃなく、ST久保建英が登場したり、ST阿部拓馬も控えに甘んじるつもりはない。西のタレント集団神戸に対抗する東のタレント集団FC東京はどれだけの成果を残せるかに注目だ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る