点の取り合いは3-3のドローで決着|レビューJ2第35節山形vs松本山雅

中山仁斗の今季3ゴールはすべて途中出場から

 首位を走る松本山雅FCをホームに迎えた山形は、苦しめられる。開始13分に高崎に裏を取られ先制を許すと、26分にも追加点。前半で2点差をつけられた山形だったが、後半12分に栗山、15分に小林のゴールですぐさま同点に追いつく。追いつかれた松本山雅FCだったが、後半19分にカウンターからオウンゴールを誘発。これで試合終了かと思われた後半AT。途中出場の中山が劇的同点ゴールを決め3-3の同点。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る