【選手名鑑】ディーニーの現在地|「退学」「服役」の過去も。ワトフォード主将の壮絶な道程

 2018-19シーズン、プレミアリーグで開幕4連勝を達成するなどワトフォードが躍進を遂げている。「15-16シーズンのレスターの再現だ!」という呼び声高いワトフォードで、4シーズンに渡り主将を務めているトロイ・ディーニーをご存知だろうか?実は本格的にサッカーを初めたのは、他選手と比較すると非常に遅い「14歳」頃であったという。さらには両親の離婚、中学校の退学、アマチュアクラブでキャリアをスタート、暴行罪で3ヶ月の服役と、現在プレミアリーグで活躍する選手の中でも「異色」すぎる人生を歩んでいるディーニーの過去に迫る。

目次



ディーニーのプレースタイルと選手紹介

● ポジショニングが上手く、エリア内で決定的な仕事をする。これはデータにもはっきりと現れており、これまでプレミアリーグで記録した30ゴール中、29ゴールがエリア内でのゴールだ(2018/9/24現在)。PKも非常に得意で、プレミアリーグで通算12ゴール決めている。成功率は80%。さらには、183cm/90kgの体格を活かしたフィジカルも魅力。183cmとそこまでの上背はないが空中戦に非常に強く、2015-16シーズンはプレミアリーグ最多の空中戦勝利を誇った。
● 昔からプレーが粗いことでも知られ、頻繁にイエローカードをもらう。2017-18シーズン第10節ストーク戦後には、争いの末にストークMFジョー・アレンの顔を笑顔で思いっきり掴みにかかり、FAから処分が下るなど度々プレー以外でも話題になることで知られる。
● 息子はアーセナルファン。

ディーニーのプロフィール

選手名 トロイ・ディーニー(Troy Deeney)
ポジション CF
出身 イングランド/バーミンガム
年齢/生年月日 31歳/1988年6月29日
身長・体重 183cm・90kg
現所属チーム/背番号/利き足 ワトフォード(イングランド)/9/右足
代表/デビュー年 なし
過去所属 ウォルソールなど
クラブ・代表タイトル なし
個人タイトル PFAベストイレブン(14-15)

10代で経験した壮絶な過去

 トロイ・ディーニーは、1988年12月29日にイギリスの大都市「バーミンガム」で生まれた。11歳の時に両親が離婚。14歳で学校を退学。15歳で学校に戻ることを許されたが、GCSE(イギリスにおいての義務教育の終了試験)を受けずに再び16歳で学校を退学。その後ディーニーは、週120ポンドの賃金でレンガ職人の見習いをしていた。



「生計」を立てるために始めた「サッカー」

 15歳の時、ディーニーは進学や就職を諦めサッカーで生計を立てることに決めた。早速、地元の古豪アストン・ビラのトライアウトを受ける。しかし、これまでサッカーをまともにやっていないディーニーは、受かるはずもなく落選。地元のアマチュアクラブであるチェルムスリー・タウンに入団。2006年、18歳の時に当時ウォルソールユースの仕事をしていたミック・ハルソールの目に止まりトライアウトを受けることに。トライアウトに合格したディーニーは、当時イングランド4部だったウォルソールに入団し、プロキャリアをスタートさせた。

プロキャリアのスタート

 加入からおよそ1年後の07-08シーズンからトップチームに定着。3部へと昇格したこのシーズンは1ゴールに終わるも、08-09シーズンは12ゴール、09-10シーズンは14ゴールと結果を残した。09-10シーズン終了後は、多くの2部のチームが獲得に乗り出すなど争奪戦となった。
 2010年8月6日、当時イングランド2部のワトフォードへの完全移籍が発表された。加入初年度から出場機会を掴む。10-11シーズンは2ゴールに終わったが、11-12シーズンは11ゴールを決めチームのエースに名乗りを上げた。

暴行罪により3ヶ月間「服役」

 順調かと思われたディーニーのキャリアだったが、2012年6月25日に事件が発生する。喧嘩中に相手を蹴ったとして暴行罪で逮捕。10ヶ月の禁固刑が下された。しかし、多大なる反省と初めての罪だったとしてわずか3ヶ月で釈放された。釈放後も反省を重ねたディーニーは、勉学に励み16歳で受験しなかったGCSEを受験。合格を果たした。

チームを9シーズンぶりのプレミアリーグ復帰に導く

 釈放後はすぐにチームに復帰。9月22日のブリストル・シティ戦で試合復帰を果たすと、翌ハダースフィールドでは復帰後初ゴール。シーズン中にはキャプテンマークを巻くなどチームの中心選手となり、結果的にはこれまでのキャリア最多の19ゴールを記録した。翌13-14シーズンも24ゴールを決めるなどチームの中心選手として活躍した。
 14-15シーズン、これまで主将を務めていたマヌエル・アルムニアが現役を引退したため正式に主将に就任。開幕から好調をキープし、リーグ戦42試合21ゴール10アシストを記録。チームも06-07シーズン以来のプレミアリーグ昇格を決めた。リーグ優勝も確実かと思われたが最終節、試合終了間際の90分に1-1の同点に追いつかれ、惜しくもボーンマスに優勝の座を明け渡した。

27歳で初のプレミアリーグの舞台へ

 15-16シーズン、人生で初めてプレミアリーグの舞台に立った。この時、既にプロキャリアをスタートさせてから300試合以上が経過していた。「退学」や「服役」など何度も絶望から這い上がってきた男は、初のプレミアリーグの舞台でも躍動。トライアウトに落ちたアストン・ビラから3ゴールを決めるなど全試合に出場。シーズンを通じて13ゴールを決め、チームのプレミアリーグ残留の立役者となった。続く16-17シーズンは10ゴール、17-18シーズンは5ゴールを決めプレミアリーグでの成功を収めたディーニー。今季、チームを1983-84シーズン以来の欧州カップ戦出場に導くことが出来るだろうか?

ディーニーの動画


《ワトフォードでのTop10ゴール》



年度別出場成績

2019-20/ワトフォード

プレミアリーグ 27試合10ゴール2アシスト

2018-19/ワトフォード

プレミアリーグ 32試合9ゴール5アシスト
FAカップ     5試合2ゴール1アシスト

2017-18/ワトフォード

プレミアリーグ 29試合5ゴール2アシスト
FAカップ    1試合0ゴール1アシスト
EFLカップ   1試合0ゴール1アシスト

2016-17/ワトフォード

プレミアリーグ 37試合10ゴール4アシスト
FAカップ    2試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    2試合0ゴール1アシスト

2015-16/ワトフォード

プレミアリーグ 38試合13ゴール8アシスト
FAカップ    5試合2ゴール2アシスト    

2014-15/ワトフォード

FLC(英2部)  42試合21ゴール10アシスト
FAカップ    1試合0ゴール0アシスト

2013-14/ワトフォード

FLC(英2部)  44試合24ゴール4アシスト
FAカップ    3試合1ゴール1アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

2012-13/ワトフォード

FLC(英2部)  40試合19ゴール9アシスト
FLCプレーオフ  2試合1ゴール1アシスト
FAカップ    2試合0ゴール0アシスト

2011-12/ワトフォード

FLC(英2部)  43試合11ゴール5アシスト
FAカップ    2試合1ゴール0アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

2010-11/ワトフォード

FLC(英2部)  36試合2ゴール4アシスト
FAカップ    2試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    2試合1ゴール0アシスト

2009-10/ウォルソール

FL1(英3部)  42試合14ゴール7アシスト
FAカップ    2試合0ゴール1アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

08-09/ウォルソール

FL1(英3部)  45試合12ゴール0アシスト
FAカップ    1試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    1試合0ゴール0アシスト

07-08/ウォルソール

FL1(英3部)  35試合1ゴール1アシスト
FAカップ    2試合0ゴール0アシスト
EFLカップ    0試合0ゴール0アシスト

2006-07/ウォルソール

FL2(英4部)  1試合0ゴール0アシスト





関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る