中野嘉大の現在地|筑波大で磨き上げたドリブル・仙台でのポジションとプレースタイル

 中野は、6歳年上の兄の影響でサッカーを始め佐賀の強豪佐賀東高へ進学するもここまで無名だった。しかし筑波大に進学後、個人技を磨き上げると一気に開花。4年時には背番号10を背負う。そして卒業後川崎フロンターレに入団。スタメンに定着できず仙台に移籍を果たした。努力、磨き上げてきた個人技で勝負する彼の現在地とは。

目次

中野嘉大の動画




選手紹介

プロフィール

選手名 中野嘉大|Yoshihiro NAKANO
出身地 鹿児島県 阿久根市
生年月日 1993年2月24日
身長・体重 176cm・66kg
現所属チーム/背番号/利き足 ベガルタ仙台(J1)/#23/右足

プレースタイル・能力値・アビリティ

 風間八宏氏が「あいつ(中野嘉大)の面白いところは、体が当てられない。ドリブルで“すっ”と抜けていく特別な感覚を持っている」と評価している。
 



セールスポイント・ウィークポイント・グロースポイント

 現在作成中

ヒストリー

 現在作成中

年度別来歴

2019年

2018年

2017年

 1月5日、ベガルタ仙台に期限付き移籍で加入することが発表され、シーズン終了後に完全移籍で仙台に移籍。
 10月8日に行われたルヴァンカップ川崎戦では、2点を先制されるも後半14分に鮮やかなドリブルから豪快なシュートを突き刺し、古巣相手にゴールを決めた。

2016年

 2016年も活躍を期待されたが、シーズン通して不調だった為スタメンに定着出来ず、途中出場での出場が目立った。

2015年

 2015年に筑波大学から入団。
 8月22日にShonan BMWスタジアム平塚で行われたJ1リーグ2ndステージ第8節・湘南ベルマーレ戦において後半途中出場し、J1リーグでのデビューを果たす。
 10月4日に等々力陸上競技場で行われた同ステージ第13節・ガンバ大阪戦の後半10分、プロ初ゴールを決めた。
 10月19日、25日から行われるU-22日本代表の国内合宿のメンバーに初招集された。

プロ前

 サッカーを始めたのは6歳上の兄の影響。
 高校は出身の鹿児島県の名門鹿児島実業ではなく、佐賀の佐賀東高へと進学を決意。夏の総体では一度、全国ベスト4を経験するも高校では中野は無名だった。

 その才能が花開いたのは筑波大学に進学してからだった。当時監督だった風間八宏氏の考えに共感し、入学するも全国レベルは甘くなくAチームに上がるのですら厳しかった。
 風間氏の「個人技を磨く」という方針から個人技を徹底的に磨き上げ、4年時には背番号10番を背負うまでに成長。






2018J1日程・結果・データ

海外サッカー特集

全世界サッカーデータ網羅

関連記事

ピックアップ記事

2018-7-12

【ロシアW杯】Group一覧&日程一覧

アーカイブ

ページ上部へ戻る