高橋秀人が見せた執念のゴールで浦和に勝利|レビューJ1第21節鳥栖vs浦和

高橋秀人が今季3得点目で勝利に貢献

 リーグ戦7試合負け無しの浦和。試合を支配、さらに決定機もあったが決めきれず。後半立ち上がりに高橋秀人がセットプレーから決める。これが決勝点となり鳥栖が勝利した。浦和は8試合ぶりの黒星になった。

鳥栖先制点:高橋秀人の執念のゴール

 フェルナンド・トーレス、金崎夢生と攻撃陣を補強した鳥栖だったが勝利を掴めずにいた。前節C大阪戦では、キャプテン吉田が決め7試合ぶりの白星を飾った。高橋秀人のゴールもDFに体を入れられ不利となるも体を投げ出し合わせた。気持ちが表れた得点だった。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る