鹿島、試合終盤の勝負強さが光った一戦|レビューJ1第20節鹿島vs清水

好調清水は4連勝とならず

 鹿島 [1点目]
 試合終了間際だった。FKで新加入この試合が初出場、初スタメンのDFチョンスンヒョンが競り勝ち、折返しを狙っていたDF西大伍がボレーシュート。試合を通して清水の2本のシュートがポスト直撃という運に救われた鹿島が終盤にクラブ特有の勝負強さを発揮した。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る