千葉FW為田大貴が1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献! J2 第26節 新潟vs千葉

負けたものの新潟のベテラン2選手が活躍

 千葉は開始早々の前半7分FW為田大貴のクロスからFW船山貴之が先制ゴールを決める。しかし、その2分後裏へ抜け出したFW田中達也のクロスにFW矢野貴章がうまく合わせ開始わずか10分で2ゴールが生まれた。FW矢野は、FW田中達也が裏へ抜け出た際、ファーサイドへ走るもクロスの前にスピードを上げニアサイドへ。田中達也は現在35歳、矢野貴章は34歳とベテラン2選手が流石の活躍を見せる。
 新潟が計19本という圧倒的なシュートを放つも、FW矢野のヘディングはポスト、GKロドリゲスのファインセーブなどでゴールを割ることはできず、後半の終盤39分に安易なパスミスからFW為田大貴に勝ち越しゴールを決められ1-2で試合は終了。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る