セカンドインパクトシンドローム|命の危険のある2度目の脳震盪

”2試合連続”でGK中村航輔に起きた頭部への強打

 有望な一人の選手寿命を消費してはならない。若手の筆頭株、ロシアW杯後の代表守護神との形容は、ユース時代はもちろん、2015年のアビスパ福岡移籍後からより鮮明になったGK中村航輔の成長過程を見てきた我々だからこそ、勇気を持って止めるべきなのではないか、と思う。

 左サイドをMF東慶悟に突破されたSB亀川諒史は絞る動きで対応するも、振り切られて高速クロスをあげられる。柏レイソルの守護神中村航輔は即座に反応した。同時に、CBパク・ジョンスが昨年の同僚FW富樫敬真に対応するためボール処理に動く。パクの足にあたったボールは無情にもゴールへ吸い込まれるが、その瞬間ピッチ上に言葉にならない声がこだました。

 ロシアW杯の中断期間を経て、7月18日に明治安田生命J1リーグが再開された。平日開催となった今節だが、W杯明けということもあり各地とも気合が入っていた。CB昌子源やMF大島僚太といったW杯からの帰還組を見ることができるかもしれないとの想いと、MFイニエスタ、FWフェルナンド・トーレスといったビッグネームの来日にFW大久保嘉人、FWハーフナー・マイクなどの移籍組も次節より出場可能という期待感があいまっていた。
 とりわけ、CB遠藤航とCB槙野智章で決めた浦和-名古屋(3-1)戦や、代表経験こそないもののSB山中亮輔が代表レベルと遜色のない他の追随を許さないレベルのプレーを披露し、大味となった仙台-横浜FM(2-8)戦は大きな歓声に湧いた。一方で序盤にCBファビオが退場したことでペースが乱れた広島-G大阪(4-0)戦やじりじりと競り負ける姿が印象的になった清水-C大阪(3-0)戦は、代表戦士であるGK東口順昭やMF山口蛍を双方に擁するも敗戦してしまった。
 ただし、その場にいた者すべてが息を呑んだのは柏レイソルvsFC東京の一戦だ。

 ボール処理のために飛び出した中村航輔の頭は、FC東京FW富樫敬真の膝のハードヒットを受けてしまう。オウンゴールにうなだれる選手もいたが、FC東京MF高萩洋次郎は冷静だった。ピッチ上で動かない相手守護神に反応を求めるが虚ろ。すぐさま審判・医療チームの出動を要請した。ベンチではGK桐畑和繁が準備を進める。2ヶ月前柏レイソルそして中村航輔自身が体験してしまった事象と全く同様の光景が広がっていた。
 救護班は中村航輔をピッチ外へと運び、病院へと移送した。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る