【データで見るロシアW杯】Group E ブラジル代表のチーム内 ゴール数・チャンス創出回数・デュエル回数、勝利数ランキング!

 Group E 首位通過はブラジル代表。南米予選を12勝5分1敗と圧倒的な実力を示してきた。W杯初戦はスイス代表と対戦し、まさかの1-1とドロースタートとなった。しかし、それからはコスタリカ代表に2-0、セルビア代表にも2-0と勝利を収めた。FWネイマール、MFコウチーニョ、DFマルセロという主に左サイドが攻撃の起点となる。前回大会は優勝したドイツ代表に1-7と完敗【ミネイロンの惨劇】を喫したブラジル代表は、今大会でリベンジとなるか。

ゴールランキング

No.1 2ゴール MFコウチーニョ

 コウチーニョは2018年の1月にリヴァプールからバルセロナへ移籍。細かいタッチのドリブル突破はもちろん、初戦のスイス代表との試合で見せたような左斜め45度からファーサイドへ巻きながらのミドルシュートは圧巻。バルセロナでもあのようなゴラッソを決めている。ラストパスなどアシストも出来る彼は、元ブラジル代表のMFカカから「ブラジルの主役はコウチーニョ」と絶賛されるほど。
1992年6月12日  172cm/68kg

チャンス創出回数ランキング

No.1 11回 FWネイマール

 アルゼンチン代表のFWメッシ、ポルトガル代表のFWクリスティアーノ・ロナウドと並んで世界最高の選手の1人、ネイマール。華麗な足技、ドリブル、そしてオフザボールの動き…どれをとっても一級品。観る者をワクワクさせてくれる選手。前回大会準々決勝コロンビア戦で腰椎骨折という大怪我をし、悔しい思いをしたネイマールは今大会の主役になれるか。
1992年2月5日 175cm/68kg

デュエル回数・勝利数ランキング

No.1 77回・勝利数38回 FWネイマール

 チャンス創出回数に引き続き、ネイマールがデュエル数でも2位は総数42回のMFカゼミーロと大きく差をつけ1位となった。
1992年2月5日 175cm/68kg



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る