【データで見るロシアW杯】第1節デュエル勝利数が最も多い選手は、ナイジェリア代表の選手?

 ロシアW杯の第1節が終了し、第2節が始まっている。日本代表がコロンビア代表に勝利し、視聴率48.7%を記録するなどW杯への関心がさらに上がってきている。
 データ会社「Opta」のデータを基に第1節でのデュエル勝利数が最も多かったを紹介する。

19回 MFオグヘネカロ・エテボ(ナイジェリア代表)

 ナイジェリア代表は、初戦クロアチア代表と対戦。惜しくも0-2で破れてしまったが、エテボは素晴らしいデータを残した。チームで頭一つ抜けたタッチ数94回。パス総数67本(成功率92.5%)、チャンス創出2回。そしてデュエルという面では23回中19回勝利(82.6%)という驚異のデータを記録。
 エテボは16-18シーズンで所属していたCDフェイレンセ(ポルトガル)で、リーグ戦41試合6ゴール4アシスト。その後ラス・パルマス(スペイン)へレンタル移籍をし、14試合1アシストを記録した。そして2018年6月にストークへ完全移籍した。リオ五輪に選出された際には日本代表U-23と対戦し、4ゴールを決め勝利に貢献した。デュエルという面で輝きを放つエテボは、得点能力・またラストパスにも長けている。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る