【ロシアW杯マッチレポート】ロシアvsエジプト|開催国ロシアが後半の3発で、サラー出場のエジプトに快勝

▽19日、FIFAワールドカップ2018ロシア大会グループA第2戦、ロシアvsエジプトがサンクトペテルブルク・スタジアム(サンクトペテルブルク)で行われ、3-1でロシアが勝利した。

▽開幕戦でサウジアラビア相手に、前評判を大きくひっくり返す5-0で大勝したロシア代表は、この試合で大活躍したMFアレクサンドル・ゴロビン(CSKAモスクワ)、MFデニス・チェリシェフ(ビジャレアル)、FWアテム・ジューバ(アルセナル・トゥラ)をスタメンに抜擢。

▽一方、試合終了間際の痛恨の失点でウルグアイ代表に敗れたエジプト代表は、この試合に出場しなかったFWモハメド・サラー(リバプール)がスタメンに復帰。その他にはDFアーメド・ヘガジ(WBA)、モハメド・エルネニー(アーセナル)、トレゲゼ(カシンパシャ)らがスタメンに名を連ねた。W杯史上最年長出場が期待される45歳GKエッサム・エル・ハダリ(アル・タアーウン)は出場しなかった。

▽押されていたエジプト代表だったが15分、この試合最初の決定機を迎える。ロシア陣内でボールを奪ったエジプトMFサイドからパスを受けたMFトレゲゼが、ボックス左からシュートを放つも惜しくも枠外へ。

▽その後、お互い攻めあぐねる展開が続く。前半終了間際の41分、エジプト代表の”エース”サラーがこの試合初シュートを放つも枠外へ。前半は0-0で折り返した。

▽後半開始早々、ロシア代表が先制に成功する。47分、MFゴロビンが右サイドを突破しボックス内へクロスを供給。これはエジプトGKエル・シェナウィがパンチングで弾き返すも、そのこぼれ球をMFゾブニンがシュート。これをクリアしようとしたエジプトの主将ファティが足を出すと、ボールは無情にもゴールへ。

▽このゴールで完全に試合のペースを掴んだロシア代表は59分、追加点をゲットする。この試合で何度もオーバーラップしていた右サイドバックのマリオ・フェルナンデスのクロスを、前の試合で2ゴールのチェリシェフが左足でゴールに流し込んだ。

▽ロシアの勢いは止まらない。62分、CBのクテポフのロングパスを受けたジューバが、DFガブルを華麗なテクニックでかわし右足でシュート。これも決まりロシアが3-0と突き放した。

▽押され続けていたエジプト代表だったが72分、ようやく1点を返す。ゾブニンに倒されて得たPKを、この試合で復帰のサラーが確実に決めてW杯初ゴールを記録。しかし、反撃はここまで。ロシア代表が2連勝し、決勝トーナメント進出をほぼ決定づけた。一方、2連敗のエジプト代表は、グループステージ突破が厳しい状況に追い込まれた。

▽勝利したロシア代表のグループ第3戦は、6月25日(月)のウルグアイ代表戦。敗れたエジプト代表のグループ第3戦は、6月25日(月)のサウジアラビア代表戦となっている。

1-0 アーメド・ファティ(47′)OG
2-0 デニス・チェリシェフ(59′)
3-0 アテム・ジューバ(62′)
3-1 モハメド・サラー(73′)PK

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る