【鈴木優磨】周到な仕込みで価値を向上。才能が見据える今と次のステップ

日本のクリロナ

 「クリスティアーノ・ロナウド、大好きなんですよ。クラブワールドカップで対決したいっす」

 2016年12月14日。クラブW杯準決勝でゴールを決めると、リーグ戦同様敬愛するクリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスを真似て披露した鈴木優磨は日本だけでなく、世界中から注目をあびることになった。
 鹿島アントラーズは、準決勝でアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)に3-0で勝利した。終盤84分から出場した鈴木優磨は、1分後の85分FW金崎夢生からのクロスを左足で合わせ、ファーストタッチでゴールを決めた。
 「記者さんたちがずっと『やるんですよね?』って聞いてくるから、やらざるをえない状況になっていたので、やりました(笑)」と振り返った。

 2016年12月18日、クラブワールドカップ決勝戦の相手はレアル・マドリード(スペイン)。紛れもない世界最強チームとの対戦だ。しかし、前半は銀河系の名を恣にするレアルとは程遠い、どこか「余裕」を感じさせる雰囲気を漂わせていた。空気を一変させたのは、この試合での活躍を機として後にスペインへ渡ることとなるMF柴崎岳だった。翌日、スペイン各紙の見出し『(¡Dos goles del Real Madrid!)最強レアルから2ゴール』を賑わせた男が前半にやってのけた様は後半に本物のレアル・マドリードを覗かせることとなった。鈴木優磨は88分からの出場で、憧れのクリスティアーノ・ロナウドと同じピッチに立つことができたものの、後半で追いつかれ延長で引き離され、終わってみれば2-4という結果で幕を閉じた。
 「試合中は敵なんで、やっぱり悔しかった。(C・ロナウドは)今日の試合でそんなに調子が良かったわけじゃないと思うんですけど、1分、2分で仕事ができる。ああいうところはすごい、本当にストライカーだなと思いました」



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る