J1第3節『ペナルティエリアへのパス成功数』TOP20

  • 2018-3-14

【ペナルティエリアへのパス成功数】

 「ペナルティエリアへのパス成功数」1位は、FC東京のSB太田宏介の9本であった。PAに最も遠いDFラインに位置しながらも、前線、中盤の選手たちを抑え見事1位に輝いた。しかし、逆に見れば、FC東京というチームが、
・左サイドを中心
・中盤を飛ばすサッカー
を展開している証にもなる。
 データを見ずとも明らかだが、両サイドバックからのロングボールを主とし、中盤のMF高萩洋次郎、MF大森晃太郎、MF米本拓司は潰し手に回る。バランス役もこなせ、ユーテリティなMF橋本拳人は有事に備えて控えとなり、前半をMF東慶悟、後半を久保建英が攻撃アクションのフィニッシャーとの役回りとなっている。
 ペナルティエリアへのパスは容易ではないが、パスがつながれば相手DFは最も警戒すべきパスでもある。太田はチャレンジ総数1位タイの17本をトライしており、やはりデータでも見て取れるというわけだ。

 

 また、13位となった浦和レッズのMF武富孝介は26分の出場ながらも4本中4本成功し、100%を記録している。キーパス成功数1位のMF長澤和輝(6本)、パス成功数1位のMF柏木陽介(103本)が所属しているが、守備でも攻撃でも不調に悩まされる浦和。今季移籍してきた武富が、浦和の新しい攻撃の形を生み出すことはできるだろうか。

【J1第3節攻撃時チャレンジ成功数】

J1第3節『攻撃時チャレンジ成功数』TOP20


【J1第3節守備時チャレンジ成功数】

J1第3節『守備時チャレンジ成功数』TOP20


【J1第3節パス・キーパス数】

J1第3節『パス成功数&キーパス成功数』TOP20


【J1第3節タックル成功数】

J1第3節『タックル成功数』TOP20

今の日本代表、過去の代表メンバーを回顧するだけでは半減の楽しみ。これから咲きを担っていく若者たちのチャレンジを見よ!DAZN無料登録から!

<提携先で公開中のリスト>
U-21代表メンバーリストはこちら!
https://www.football-zone.net/data/u21/members/2018
U-19代表メンバーリストはこちら!
https://www.football-zone.net/data/u19/members/2018
U-17代表メンバーリストはこちら!
https://www.football-zone.net/data/u17/members/2018
DAZN見るなら、DAZNの番組表見るならEvolving Ddata!

DAZN番組表

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る