【クラブ紹介】オランダ代表のスタメンが4人も!スパルタ・ロッテルダムの下部組織出身のタレント10名

多くのオランダ代表選手を輩出しているスパルタ・ロッテルダム

▽オランダ最古のクラブの1つであるスパルタ・ロッテルダム。1950年代はエールディビジや国内カップ戦を制し、1970年代から80年代にかけては元オランダ代表監督のルイス・ファン・ハールやダニー・ブリントらがプレーした古豪として知られる。

▽しかし、2000年代になると1部と2部を行き来するように。その中でも多くの代表選手を輩出しており、現在のオランダ代表のスタメン11人のうち、4選手がスパルタ・ロッテルダムの下部組織出身である。

▽また、スパルタ・ロッテルダムは世界的に見ても非常に珍しい”決められた背番号がない”クラブとしても知られ、各試合でポジションごとに背番号が振り分けられる。

▽それではスパルタ・ロッテルダムの下部組織出身の10名のプレイヤーを見ていこう。

● リック・ファン・ドロンヘレン(Rick van Drongelen)
代表:オランダU-21代表
Pos :CB
生年月日:1998/12/21(21歳)
身長/体重:185cm/81kg
所属:ハンブルガーSV(ドイツ)
スパルタ・ロッテルダム在籍期間:2012年~2017年(下部組織時代を含む)

▽ブンデスリーガ復帰を目指すハンブルガーSVの守備の要。オランダの各年代別代表で中心選手としてプレーし、15年末に16歳でプロデビュー。1年半で公式戦49試合に出場し、17年夏にハンブルガーSVへと引き抜かれた。ハンブルガーSVでは持ち前の気迫溢れるプレーで21歳ながらディフェンスリーダーとして活躍している。

● ニック・フィールヘフェル(Nick Viergever)
代表:元オランダ代表
Pos :CB
生年月日:1989/8/3(30歳)
身長/体重:183cm/77kg
所属:PSV
スパルタ・ロッテルダム在籍期間:?~2010年(下部組織時代を含む)

▽エールディビジで300試合近くの試合に出場しているCB。10年夏のスパルタ・ロッテルダム退団後はAZ、アヤックスといったオランダを代表する強豪クラブを渡り歩いており、18年夏からはPSVでプレーしている。また、これだけのビッグクラブに在籍しているにも関わらずリーグタイトルを獲得したことはなく、2014-15シーズンから2018-19シーズンまで5シーズン連続でリーグ準優勝を経験している。








● デンゼル・ダンフリース(Denzel Dumfries)
代表:オランダ代表
Pos :RSB
生年月日:1996/4/18(24歳)
身長/体重:188cm/80kg
所属:PSV
スパルタ・ロッテルダム在籍期間:2014年~2017年

▽オフェンスが持ち味のオランダ期待の大型SB。アマチュアクラブであるBVVバーレンドレヒトの下部組織出身で、14年夏に育成の名門スパルタ・ロッテルダムへ引き抜かれた。スパルタ・ロッテルダムで3シーズンプレーした後、ヘーレンフェーンを経て18年夏にPSVに引き抜かれた。また、アマチュア時代にカリブ海のアルバ代表としてデビューしているが、16年にオランダU-20代表に選出。以後、オランダ代表としてプレーしている。

● イェトロ・ウィレムス(Jetro Willems)
代表:オランダ代表
Pos :LSB/LWB
生年月日:1994/3/30(26歳)
身長/体重:170cm/65kg
所属:ニューカッスル(イングランド) *フランクフルトよりローン移籍
スパルタ・ロッテルダム在籍期間:?~2010年(下部組織時代を含む)

▽爆発的な攻撃力が持ち味のLSB。16歳の若さでスパルタ・ロッテルダムでプロデビューし、11年夏に強豪PSVに引き抜かれた。PSVでは負傷に苦しむも中心選手としてプレーし、フランクフルトを経て19年夏に買取OP付きのローン移籍でニューカッスルに加入した。持ち前の攻撃力を武器に躍動していたが、19年1月に靭帯を損傷。長期離脱が懸念されている。

ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る