【2020-21プレミアリーグ開幕プレビュー】アーセナル/Arsenal *10/9更新

▼2019-20シーズンはビッグ6の中で最も苦しいシーズンを過ごしたアーセナル。19年11月に11月末にエメリ前監督を解任し、およそ1ヶ月間のユングベリ暫定監督を経て12月末にクラブOBであるアルテタが監督に就任した。シーズン終盤にリーグ戦とカップ戦でリバプール、マンチェスター・シティを撃破したが、結果的には25シーズンぶりにトップ6入りを逃す屈辱を味わった。

▼苦しいシーズンの中でも得意のFAカップでは決勝に進出。決勝でチェルシーに2-1で勝利し、史上最多の14回目の優勝を勝ち取ると同時に滑り込みで2020-21シーズンのUEFAヨーロッパリーグ出場権も獲得した。続くイングランドサッカーの2020-21シーズン開幕を告げるコミュニティー・シールドではPK戦の末にリバプールに勝利し、就任からわずか8ヶ月でアルテタ監督は2つのカップタイトルを獲得した。

▼今夏の移籍市場では同じロンドンに本拠地を置くチェルシーからブラジル代表FWウィリアンを補強。加えて直近数シーズンに渡って指摘され続けていた守備陣の補強にも成功。既に昨夏に獲得が決定していたウィリアン・サリバの復帰に加え、リールからガブリエル・マガリャンイスを補強。守備、攻撃それぞれに即戦力を加えたアルテタ監督2年目のシーズンが始まろうとしている。

目次

 

クラブの基本情報

 
● 創立:1886年
● ホームタウン:ロンドン/London
● ホームスタジアム:エミレーツ・スタジアム/Emirates Stadium
● リーグ優勝:13回
● 監督:ミケル・アルテタ
● アシスタント:アルベルト・スタイフェンベルグ

 

 

所属選手

 
*ポジションはアーセナル公式サイトを参照

▼GK
1 ベルント・レノ
13 ルナル・アレックス・ルナルソン
33 マット・メイシー

▼DF
2 エクトル・ベジェリン
3 キーラン・ティアニー
4 ウィリアン・サリバ
5 ソクラティス・パパスタソプーロス
6 ガブリエル・マガリャンイス
16 ロブ・ホールディング
17 セドリック・ソアレス
20 シュコドラン・ムスタフィ
21 カラム・チェンバース
22 パブロ・マリ
23 ダビド・ルイス
31 セアド・コラシナツ

▼MF
7 ブカヨ・サカ
8 ダニ・セバージョス
10 メスト・エジル
15 エインズリー・メイトランド=ナイルズ
18 トーマス・パーティ
25 モハメド・エルネニー
28 ジョー・ウィロック
32 エミル・スミス・ロウ
34 グラニト・ジャカ

▼FW
9 アレクサンドル・ラカゼット
12 ウィリアン
14 ピエール=エメリク・オーバメヤン
19 ニコラ・ペペ
24 リース・ネルソン
30 エディ・エンケティア
35 ガブリエル・マルティネッリ








移籍動向

 
【IN】
▼GK
ルナル・アレックス・ルナルソン ディジョン(フランス)より完全移籍で獲得

▼DF
ガブリエル・マガリャンイス リール(フランス)より完全移籍で獲得
ウィリアン・サリバ ローン先のサンテティエンヌ(フランス)より復帰
パブロ・マリ フラメンゴ(ブラジル)より完全移籍で獲得 *2019-20シーズンはローン移籍
セドリック・ソアレス サウサンプトンよりフリートランスファーで獲得 *2019-20シーズンはローン移籍

▼MF
トーマス・パーティ アトレティコ・マドリード(スペイン)より完全移籍で獲得
モハメド・エルネニー ローン先のベシクタシュ(トルコ)より復帰
エミル・スミス・ロウ ローン先のハダースフィールド(2部)より復帰

▼FW
ウィリアン チェルシーよりフリートランスファーで獲得

《ひとことメモ》
▼2019-20シーズンにローン移籍で加入していたパブロ・マリ、セドリック・ソアレスを買い取り。
▼ベシクタシュより復帰したエルネニーは、トレイラの去就が不透明なこともあり残留が濃厚。

【OUT】
▼GK
エミリアーノ・マルティネス アストン・ビラへ完全移籍

▼DF
コンスタンティノス・マヴロパノス シュツットガルト(ドイツ)へローン移籍

▼MF
ヘンリク・ムヒタリアン ローマ(イタリア)へフリートランスファーで移籍 *2019-20シーズンはローン移籍
ルーカス・トレイラ アトレティコ・マドリード(スペイン)へローン移籍
マテオ・ゲンドゥージ ヘルタ・ベルリン(ドイツ)へローン移籍

《ひとことメモ》
▼完全に余剰戦力だったヘンリク・ムヒタリアンと契約解除。ローマへ移籍。
▼正GKとしての出場機会を求めたエミリアーノ・マルティネスがアストン・ビラへ移籍。
▼アルテタ体制で構想外となっていたトレイラ、ゲンドゥージがローン移籍。
 

プレシーズン

アーセナル 4-1 MKドンズ(得点者:エルネニー、エンケティア、マッギネス、ネルソン)
アーセナル 2-3 アストン・ビラ(得点者:オーバメヤン×2)
 

フォーメーション

 基本フォーメーション/3-4-2-1 or 4-2-3-1
《3-4-2-1》

《4-2-3-1》

《ひとことメモ》
▼昨季終盤で重用した3バックをメインに使うと予想。
▼左膝を負傷しているガブリエル・マルティネッリは21年1月の復帰が予想されている。
▼ムスタフィ、チェンバース、マリは10月から11月にかけての復帰が予想されている。
 
プレミアリーグの移籍情報はこちら!

【2020-21シーズン夏の移籍情報】プレミアリーグ(~10/5) *10/9更新



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る