【クラブ紹介】マンチェスター・シティユースが”青田買い”した選手たち

● セコ・フォファナ(Seko Fofana)
代表:コートジボワール代表
Pos :CMF
生年月日:1995/5/7(25歳)
身長/体重:185cm/74g
所属:RCランス(フランス)
加入時の年齢:17歳(ロリアンより加入)
シティ在籍期間:2013年冬~2016年夏
シティ通算:0試合

▽サイズに似合わない足下の技術と縦への推進力が魅力の大型ボランチ。パリFCとロリアンの下部組織を経て13年1月にマンチェスター・シティの下部組織に加入。2013-14シーズンはシティのセカンドチームの中心選手として活躍した。しかし、トップチームでの出場機会は訪れず、フラムとバスティアへのローン移籍を経て16年夏にウディネーゼへと完全移籍。ウディネーゼでは移籍初年度から中心選手として活躍。また、年代別代表では生まれ故郷のフランス代表を選択していたが、A代表はコートジボワール代表を選択。ミドルシュートの精度を上げれば自身のアイドルである”ヤヤ・トゥーレ”の後継者へと化ける可能性を秘めている。20年夏にリーグ・アンに昇格したRCランスに完全移籍。

● オリヴィエ・エンチャム(Olivier Ntcham)
代表:元フランスU-21代表
Pos :CMF
生年月日:1996/2/9(24歳)
身長/体重:180cm/80kg
所属:セルティック(スコットランド)
加入時の年齢:16歳(ル・アーヴルより加入)
シティ在籍期間:2012年夏~2017年夏
シティ通算:0試合

▽セルティックの中盤の要。2010年からル・アーヴルの下部組織でプレーし、12年夏にプロ契約を断りマンチェスター・シティに引き抜かれた。3シーズン、シティのセカンドチームで主力選手として活躍し、ジェノアへローン移籍を経て17年夏にセルティックへと完全移籍。セルティックでは1年目から中心選手として活躍しており、多くのタイトル獲得に貢献している。年代別代表では各年代で中心選手として活躍しており、U-21欧州選手権2019にも出場した。また、サウサンプトンやウェストハムといったプレミアリーグの複数クラブが熱視線を送っており、20年夏にもステップアップをする可能性がある。

● ブラヒム・ディアス(Brahim Diaz)
代表:スペインU-21代表
Pos :OMF
生年月日:1999/8/3(21歳)
身長/体重:171cm/68kg
所属:ACミラン(イタリア) *レアル・マドリードよりローン移籍
加入時の年齢:14歳(マラガより加入)
シティ在籍期間:2014年冬~2019冬
シティ通算:15試合2ゴール

▽スペイン期待のテクニシャン。地元のマラガの下部組織出身でバルセロナを始めとする国内クラブから注目を集めたが、13年夏に元マラガ監督のマヌエル・ペレグリーニがマンチェスター・シティの監督に就任したことに伴い、13年末にマンチェスター・シティへと完全移籍。2016-17シーズンにトップチームデビューを飾るが、厚い選手層も影響し、トップチームでの出場機会は限られた。19年冬にレアル・マドリードへと完全移籍。早々に新天地でデビューを飾るが、2019-20シーズンはラ・リーガでわずか59分の出場に留まっている。20年夏に出場機会を求めてACミランにローン移籍。








● デニス・スアレス(Denis Suarez)
代表:スペイン代表
Pos :LMF
生年月日:1994/1/6(26歳)
身長/体重:176cm/69kg
所属:セルタ・デ・ビーゴ(スペイン)
加入時の年齢:17歳(セルタ・デ・ビーゴより加入)
シティ在籍期間:2011年夏~2013年夏
シティ通算:2試合

▽8年ぶりにセルタに復帰したアタッカー。15歳でセルタの下部組織に入団し、バルセロナやチェルシーらとの争奪戦を経て11年に17歳でマンチェスター・シティに引き抜かれた。2011-12シーズンのEFLカップでトップチームデビュー飾った。U-19欧州選手権2012で優勝に貢献し、13年夏にバルセロナが完全移籍で獲得した。イバン・ラキティッチのバルセロナ移籍の契約の一環としてセビージャへローン移籍。その後、ビジャレアルへの完全移籍を経て16年にバルセロナに復帰。背番号「6」を与えられたが、満足する出場機会は与えられず、19年冬にアーセナルへローン移籍。しかし、負傷の影響もあり活躍できず、19年夏に古巣セルタへ完全移籍。

● ロニー・ロペス(Rony Lopes)
代表:ポルトガル代表
Pos :RMF
生年月日:1995/12/28(24歳)
身長/体重:174cm/68kg
所属:ニース(フランス) *セビージャよりローン移籍
加入時の年齢:16歳(モナコより加入)
シティ在籍期間:2011年末~2015年夏
シティ通算:5試合1試合

▽マンチェスター・シティの最年少ゴール記録保持者。ブラジル生まれで4歳でポルトガルに移住。10歳で名門ベンフィカの下部組織に入団し、11年末にマンチェスター・シティに引き抜かれ、2012-13シーズンのFAカップ3回戦ワトフォード戦でトップチームデビュー&初ゴールを記録。17歳と8日でのゴールはシティの最年少ゴール記録である。その後、リールへのローン移を経て15年にモナコへ完全移籍。モナコでは公式戦82試合21ゴールを記録し、19年夏にセビージャへ完全移籍。しかし、スペインへの適応に苦しみ、20年夏に1年でのフランス復帰が決まった。

固定ページ:
1

2

3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る