都倉賢の現在地|覚醒した北のエース・札幌でのポジションとプレースタイル

 「ミスター塾高」と呼ばれた都倉は川崎に入団する。ここでは出場機会に恵まれず、ザスパクサツ群馬へ移籍。2009年は香川真司に次ぐ23得点を決め、得点力を存分に発揮した。2010年から3年間神戸でプレーした後、2014年から札幌でプレーしている。ミシャ体制になってからさらに覚醒を続ける男の現在地とは。

目次
・都倉賢の動画
・選手紹介
・プロフィール
・プレースタイル・能力値・アビリティ
・セールスポイント・ウィークポイント・グロースポイント
・ヒストリー
・年度別来歴
・Evolving Data Other Contents
・Evolving Data Category Contents

都倉賢の動画




選手紹介

プロフィール

選手名 都倉賢|Ken TOKURA
出身地 東京都渋谷区
生年月日 1986年6月16日
身長・体重 187cm・80kg
現所属チーム/背番号/利き足 北海道コンサドーレ札幌(J1)/#9/左足

プレースタイル・能力値・アビリティ

 現在作成中



セールスポイント・ウィークポイント・グロースポイント

 現在作成中

ヒストリー

 現在作成中

年度別来歴

2019年

2018年

 4月17日のJ1第8節柏レイソル戦で自身のJ1通算100試合目となる試合で、クラブJ1アウェイ通算100号ゴールを決めた。
 5月5日、J1第13節ガンバ大阪戦でバイシクルシュートをきめて勝利に貢献し、自身Jリーグ通算100ゴールを達成。
 8月19日のJ1第23節FC東京戦でクラブJ1ホーム通算150号ゴールを決めた。
 8月25日のJ1第24節清水エスパルス戦でも得点を挙げ、自身初のJ1リーグ二桁得点を達成し、この得点は札幌通算70得点(カップ戦も含む)であり、バルデスが持つ札幌通算得点記録に並んだ。

2017年

 自身4年ぶりのJ1出場を果した。8月28日に第一子となる女児が生まれ、9月9日のJ1第25節ジュビロ磐田戦で父親として初試合で同点ゴールを決め、ゆりかごダンスを披露した。J1では自身最多となるリーグ戦のシーズン9得点を記録。

2016年

 3月6日、J2第2節のFC岐阜戦で自身初となるハットトリックを試合前半で達成した。
 8月14日のJ2第29節モンテディオ山形戦でクラブ通算1100号ゴールを決めた。シーズンオフに今まで複数年契約を固辞し単年契約だったが、今回は自身初となる複数年契約で合意した。

2015年

2014年

 FCベストシェランのトライアウトに参加している際はJクラブからのオファーを全て断っていたが、その後も連絡や近況を気にしていてくれたコンサドーレ札幌が2014年2月末に再びオファーを出した。3月にJ2のコンサドーレ札幌に完全移籍。
 10月26日のJ2第38節湘南ベルマーレ戦でゴールキーパーからのロングフィードを胸トラップして放ったミドルシュートが2014年のJ2最優秀ゴール賞に選ばれた。またこのゴールは札幌のクラブ通算1000号ゴールでコンサドーレ札幌の歴史に刻み込んだ。
 シーズンオフにJ1昇格が決まっていた松本山雅FCからの完全移籍オファーが届き、95%は移籍しようと思っていたが、悩みに悩みオファーを断り札幌へ残留することを決断した。サポーターが掲げた『都倉来年も熱い刺激を俺たちに』が決断した要素の一つになったと都倉自身が公言。

2013年

 2013年シーズン終了後、契約満了により神戸を退団。その後デンマーク・スーペルリーガ2013 – 14シーズン9位のFCベストシェランでトライアウトに参加したが契約に至らなかった。

2012年

 6月30日の古巣川崎戦でゴール後イタリア代表で当時マンチェスター・シティ所属のマリオ・バロテッリがEURO2012で披露したゴールパフォーマンスを模倣しイエローカードを受けた。

2011年

 17節鹿島アントラーズ戦で試合終盤に中足骨を骨折し、シーズンをほぼ棒に振る。

2010年

 ヴィッセル神戸へ完全移籍。4月17日のベガルタ仙台戦で移籍後初得点を記録。

2009年

 香川真司に次ぎリーグ2位となる23得点をあげた。

2008年

 川崎では出場機会を得られず、2008年シーズン途中にザスパ草津に期限付き移籍し、同2009年シーズンからは草津へ完全移籍。

プロ前

 慶應義塾高等学校時代に「ミスター塾高」に選ばれた。慶應義塾大学休学中のままプロサッカー選手へ転向。
 サッカー選手としては、横浜F・マリノスジュニアユースから川崎フロンターレU-18を経て、2005年より大学進学と同時に川崎のトップチームに昇格。






2018J1日程・結果・データ

海外サッカー特集

全世界サッカーデータ網羅

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る