小林悠のDFの「背後」を常に狙うポジショニング|J1第21節

パスミスから先制を許すもエース:小林悠が1ゴール1アシストで逆転

 前節清水は鹿島に敗戦、川崎は横浜FMに2-0で勝利し連勝に向けて波にのりたいという一戦。

前半5分ドウグラス決め、清水が先制する。パスカットの瞬間前線が流動的に動き、わずかパス3本でゴールネットを揺らした。

川崎は前半32分エウシーニョのクロスから小林悠が決め同点に追いつく。この前に中村憲剛がボールを持った際、DFがの背後を狙い動き出し、エウシーニョにボールが渡ってからも動き直している。

 

さらに後半19分、鮮やかな崩しから大島が決め川崎が逆転に成功する。阿部から縦パスをもらった小林はここでもDFの背後を意識しながらパスを貰っているのが分かる。そのためDFの寄せが遅れた。

清水

1-2

川崎

得点:ドウグラス

アシスト:ミッチェル・デューク

前半5分

前半32分

得点:小林悠

アシスト:エウシーニョ

後半19分

得点:大島僚太

アシスト:小林悠

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る