前田大然の「走り」の質の高さが光った一戦|レビューJ2第27節千葉vs松本山雅

松本山雅はリーグ戦4連勝

 松本山雅は、前半終了間際にPKを献上するもFW前田大然の俊足を活かし前半のうちに同点で折り返すことに成功する。
 後半開始早々、FW永井龍が下に落ちた裏のスペースを前田が狙う。これにつられた相手DF。得点を決めることとなるMF岩上祐三のサイドがガラ空きになってしまう。さらに後半16分スローインの崩しから前田がうまく裏へ抜ける。マイナスに合わせたMF岩間雄大が落ち着いてループシュートを決めた。
 すべて前田大然の「走り」の質が高かった3ゴールだった。



固定ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る