山形が終了間際MF小林成豪のゴールでリーグ戦4試合ぶりの勝利! J2 第25節 山形vs岡山

DF栗山直樹の意表を突くラストパス

 前半、山形MF山田拓巳の見事なダイアゴナルランからシュートを放つもネットを揺らすことは出来ず。対する岡山もFW赤嶺真吾が相手DFの「背後」を取る動きからフリーでヘディングを放つが惜しくも枠を捉えることはできなかった。
 後半、山形、岡山ともにチャンスあるも決めきれずこのままスコアレスドローかと思われた、後半アディショナルタイムに試合は動いた。DF栗山直樹の意表を突くパスに動画内(2:01~)岡山の4選手はコンマ数秒遅れをとる。裏へ抜け出せたMF小林成豪は、GKとの1対1を冷静に流し込み劇的勝利を飾った。



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る