【チャンピオンシップ】Evolving Data厳選!各表彰&ベストイレブン

 全24チームで争われるチャンピオンシップ(イングランド2部)。今シーズン前に大型補強を敢行したウォルバーハンプトンが見事優勝を果たし、来季のプレミアリーグ復帰を決めた。自動昇格可能な2位争いは最終節までもつれ込む形となり、フラムの猛烈な追撃に耐えカーディフが2位の座を死守し、こちらもプレミアリーグ復帰を果たした。リーグ戦は終わったものの、5月12日からは最終順位3位~6位となった4チームでにおけるノックアウト昇格プレーオフが行われる。果たして最後の1枠を掴むのはどのチームになるだろうか。
 一方、昨季までプレミアリーグの常連であったサンダーランドが2年連続の降格を味わうこととなった。来季は3部の舞台で名門復活をかけ、新たなスタートを切ることとなる。
 それではEvolving Dataが独自に厳選した、今季のチャンピオンシップの各表彰&ベストイレブンをみていこう。


▽最優秀選手
MF ジェームズ・マディソン(ノーリッジ)44試合14ゴール8アシスト

▽最優秀若手選手
FW ライアン・セセニョン(フラム)46試合15ゴール6アシスト

▽カムバック賞
DF ジョン・テリー(アストン・ビラ)32試合1ゴール1アシスト

▽得点王
FW マチェイ・ヴィドラ(ダービー)21ゴール

▽アシスト王
MF ロベルト・スノッドグラス(アストン・ビラ)14アシスト
DF バリー・ダグラス(ウォルバーハンプトン)14アシスト

▽最多クリーンシート
GK ジョン・ルディ(ウォルバーハンプトン)24試合

▽最多セーブ
GK バルトシュ・ビャウコウフスキ(イプスウィッチ)155回

▽最多タックル
MF マッシモ・ルオンゴ(QPR)148回

▽最多インターセプト
DF カーティス・デイビス(ダービー)124回

▽最多クリア
DF カーティス・デイビス(ダービー)398回

▽最多デュエル勝利
FW スティーブ・モリソン(ミルウォール)419回

▽最多ドリブル成功
FW アダマ・トラオレ(ミドルズブラ)243回

▽最多パス成功
MF トム・ケアニー(フラム)2471本

▽最多キーパス
MF ジェームズ・マディソン(ノーリッジ)124本

▽最多クロス
MF ルーク・フリーマン(QPR)106本

▽順位
1.ウォルバーハンプトン(昇格)
2.カーディフ(昇格)
3.フラム(昇格プレーオフ)
4.アストン・ビラ(昇格プレーオフ)
5.ミドルズブラ(昇格プレーオフ)
6.ダービー(昇格プレーオフ)
7.プレストン
8.ミルウォール
9.ブレントフォード
10.シェフィールド・ユナイテッド
11.ブリストル・シティ
12.イプスウィッチ
13.リーズ
14.ノーリッジ
15.シェフィールド・ウェンズデイ
16.QPR
17.ノッティンガム・フォレスト
18.ハル・シティ
19.バーミンガム
20.レディング
21.ボルトン
22.バーンズリー(降格)
23.バートン(降格)
24.サンダーランド(降格)

2ページ目では今季のベストイレブンをご紹介!



ページ:

1

2

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る