川崎フロンターレの開幕スタメン予想とカギを握る男、田坂祐介の存在とは?

さて、久しぶりとなってしまったスタメン紹介。
画像作成時から考えれば相当な変化もあったチームがあると思うが、細かく修正をかけながらお伝えしていきたいと思う。

GK新井章太がいるからこそ

GKチョン・ソンリョンはほぼ固定だろう。しかし、1stの存在は2ndの安定感でこそより強さを発揮できるようになる。GK新井章太がいるからこそ、思い切ったプレーヤゴールキーピングで味方を鼓舞することができるのだ。

バック陣に起こる怪我

CBエドゥアルドに加え、RSBエウシーニョが長期離脱。RSBには武岡優斗、CB奈良竜樹、OMF田坂祐介らで対応ができるだろうが、ACLまで考えるとLSBタビナスジェファーソンが登録外のため、ディフェンスラインはかなり枯渇している。
CB谷口彰悟やLSB車屋紳太郎らレギュラー陣の踏ん張りが非常に重要なものとなる。

ACLとの兼ね合いが不安となる中盤

SMF阿部浩之の加わった中盤はストライカーST小林悠をよりゴール前での仕事に集中させることができる。
アタッカー陣は非常に多くOMF森谷賢太郎、OMF三好康児、SMFハイネルらメンバーが揃っている。
川崎はボールの奪い方が特殊であり、クラッシャータイプの選手は不在だが、だからこそ逆手に取った冷静なよみからのカットでチームをさらに前へと押し上げたい。
…本当にどうしようもなくなれば、全ポジション可能なOMF田坂祐介がきっとこなしてくれるはずだ。

エゴとエゴの…

起点のスペシャリストであるCMF大島僚太、中央のアシスターOMF中村憲剛、コネクターOMF森谷賢太郎、SMF阿部浩之がいた上で、フィニッシャーがST家長昭博・ST小林悠がいる。そこにOMF三好康児、RSBエウシーニョ含めた上での攻撃ラインの構築が成されれば移籍したCF大久保嘉人時代以上のチーム得点力を上げることも不可能ではない。
動き回るタイプのST小林と直線的な動きを得意とするST家長の協奏曲を見届けたい。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る