総シュート数『33本』の撃ち合いは2-2のドロー|レビューJ2第39節福岡vs金沢

レオミネイロは途中出場から4ゴール

 アビスパ福岡はホームにツエーゲン金沢を迎えた。4試合負け無しと好調の福岡はその勢いと共に前半立ち上がりの13分に石津のゴールで先制に成功する。しかし金沢が前半28分早いリスタートから金子。さらに後半開始早々に清原が逆転ゴール。
 逆転を許した福岡はFW3選手と投入して攻撃の活性化をはかる。すると後半10分に投入されたレオミネイロが左45度から鮮やかなゴールを決め同点に。2-2で試合は終了した。
 この試合でアビスパ福岡は11本、ツエーゲン金沢は22本のシュートを放つ『撃ち合い』となった。



福岡vs金沢のハイライト動画




関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る