郷家友太がJ初ゴール 神戸が完封勝利|レビューJ1第23節湘南vs神戸

2試合負け無しの神戸、対する3試合勝利なしの湘南

 相対する勢いの両チームは、アウェイの好調神戸が、G大阪から加入した長澤の高さを活かし三田が決めた。さらに後半31分ポドルスキのシュートのこぼれ球を郷家が決め2-0で勝利。湘南は18本と神戸に比べ倍以上のシュートを放ちながら枠内シュートはわずか「2本」 3連敗と不調のトンネルから抜け出せず。

神戸:長沢駿が2点の起点に

 G大阪から移籍した長沢駿がこの試合の起点となる。先制点イニエスタから絶妙なクロスが入り長沢のアシストで先制した。
さらに2点目のシーンでは、スローインを上手くそらした。それが起点となり追加点となる。トレードのような形になった渡邉千真もG大阪でゴールを上げるなど両選手が活躍した。



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る