【ロシアW杯プレビュー】ベルギーvsチュニジア|ベルギーがGS突破をかけてチュニジアと激突!(グループG)

▽全グループの初戦が終わり先日、グループステージ第2戦が始まった。グループG第2戦の第1試合は、W杯初出場のパナマ相手に3-0と快勝したベルギー代表と、試合終了間際にケインに得点を許し、イングランドに惜しくも1-2で敗れたチュニジア代表が激突する。両チームは通算2度対戦し、ベルギーの1勝1分。
▽グループステージ第2戦は決勝トーナメント進出へ向けて、大きく明暗をわける重要な一戦となる。

▽それでは両チームの予想フォーメーションと注目選手をみていこう。、

〈ベルギー代表〉フォーメーション3-4-2-1

▽負傷者:ヴァンサン・コンパニ(欠場濃厚)、トーマス・ヴェルメーレン(練習復帰)
▽出場停止:なし
▽初戦のパナマ戦と同じメンバーで臨むと予想。

▽注目選手
名前:ロメル・ルカク
Pos:FW
年齢:25歳
所属:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
代表:70試合38ゴール

▽ベルギー代表のエース。初戦のパナマ戦で2ゴールを記録。第3戦のイングランド戦に良い雰囲気で臨むためにも、エースが得点を決めてチーム勢いづけたい。

〈チュニジア代表〉フォーメーション4-1-4-1

▽負傷者:モエズ・ハッセン(欠場濃厚)
▽出場停止:なし
▽初戦のイングランド戦で高パフォーマンスを見せていたGKモエズ・ハッセンが負傷。それ以外のメンバーは、イングランド戦と同じメンバーで試合に臨むと予想。

▽注目選手
名前:シアム・ベン・ユセフ
Pos:DF
年齢:29歳
所属:カシンパシャ(トルコ)
代表:45試合1ゴール

▽チュニジア代表の守備の要。初戦のイングランド戦でも高パフォーマンスをみせ、タックル数、クリア数、インターセプト数は両チーム合わせて最多の数を記録した。ベルギー代表の”エース”ルカクを抑え込むには、彼の活躍が不可欠だろう。
〈予想スコア〉
  3-1
基本的にはベルギー代表が試合を支配すると予想。しかし、格下のパナマ相手に3バックの横のスペースを多く突かれており、チュニジアがこのスペースをどのように活かすかが試合のカギを握るだろう。
〈放送予定〉
放送局:フジテレビ
放送日程:6月23日(土)20:40~23:10
キックオフ:21:00

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る