ヴィッセル神戸の移籍動向と所感(1/21時点)

◯加入

発表日 ポジション 選手名 年齢 前所属 形態
12/13 GK 20 レンタルバック
12/13 DF 20 レンタルバック
12/8 DF 29 完全
12/27 MF 24 完全
12/28 MF 29 完全
1/6 FW 27 完全
1/6 FW 29 完全
1/16 MF 26 完全
10/21 MF 18 内定
7/12 GK 22 内定
10/21 FW 18 内定
10/21 MF 18 内定

◯移籍・引退等

発表日 ポジション 選手名 年齢 前所属 形態
1/6 GK 24 完全
12/10 GK 31 完全
12/6 DF 25 完全
1/7 DF 28 完全
1/12 DF 27 レンタルバック
1/10 MF 22 育成型
1/10 MF 19 レンタル
1/6 MF 22 レンタル
12/16 FW 27 レンタルバック
12/27 FW 29 完全
11/10 DF 35 引退

【リストに加わるかどうかで大きく変わるFWポドルスキ】
今シーズンの神戸には例年以上の本気度合いが窺える。
2016年はGKキム・スンギュの獲得が大当たりで、CB岩波拓也もリオ五輪では怪我もあったものの、復帰後の好調さはデータを掲示せずとも浮き彫りだったレベル。ボランチのCMF藤田直之とDMFニウトン、SMF渡邉千真、SMFペドロ・ジュニオール、CFレアンドロとセンターラインに大きな軸ができていた。
今シーズンはSB相馬崇人の引退、SMFペドロ・ジュニオールの鹿島移籍はあったものの、大幅な離脱とはならず、
空中戦勝率の低いCB伊野波雅彦・CB高橋祥平(磐田移籍)のポジションにCB渡部博文を仙台から獲得。
LSBは橋本和を浦和から完全移籍で引き抜き、RSBは継続して高橋峻希が務める。
両サイドバックの控えには、若手のSB山口真司・SB藤谷壮が控えている。

ボランチにDMF高橋秀人を加え、運動量豊富なSMF大森晃太郎と、飛び道具もあるST田中順也、OMFウエクスレイを獲得。
さらにはFWポドルスキが来るとなればあとは連携面のみ。
戦力値限定の上積みは過去のJリーグの移籍市場を紐解いてみても屈指。

楽天の本気を、ヴィッセル神戸は体現できるか。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る