【山口vs熊本】若返りで躍動する攻撃陣

 2018年2月25日は、J2全試合の開幕試合として割り当てられた。フライデーナイトを実施するなど、DAZNの影響もあってドイツやスペインのような分散型スタイルへとシフトできたのは大きい。J1の時間かぶりゲームが減り、J.ZONEも伴ったことで、J2の露出が相対的に増えたことも、視聴の拡大化に向けて一歩前進したと言えよう。

 まずピックアップしたいゲームは「レノファ山口」vs「ロアッソ熊本」の一戦。立ち上がり2分、自陣で得たFKからLWB瀬川和樹が前線へ猛烈に奪取し、左足でクロスを放つ。超速で起こったアクションにたじろいだか、デビュー戦となったCB米原秀亮が焦って蹴ろうとしたボールは目の前のMF上村周平に当たりこぼれてしまう。これを見逃さなかった新加入FWオナイウ阿道が、左足を振り抜いて先制点を獲得する。
 時間の関係上、13時キックオフの福岡-岐阜戦前半5分に決まった福岡FW石津大介のオーバーヘッドが今季のJ2開幕を告げる号砲となったものの、スピード感としてはオナイウに軍配が上がった。

 山口の攻撃は止まらない。前半9分、数分前の残像が残っていたのだろうか、安牌に進めようとする熊本CB鈴木翔登に対してFW高木大輔がプレスをかけて奪うと、そのまま左足一閃。2点目が突き刺さった。このシーン、FWオナイウも鈴木・CB青木剛の間でポジショニングしていたため、すでに詰んでしまっていた。高木がシュートを打つ際も目線を合わせており、今冬加入の二人が早速持ち味を見せつけてくれた格好だ。
 確かに若い二人だが、世界大会の経験は試合内でもトップレベルに豊富。一瞬の間の詰め合いはJ2とは思えない高さだった。

固定ページ:

1

2 3

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る