高木琢也監督の最終戦は、4-4の壮絶な撃ち合い!|レビューJ1第34節長崎vs清水

明治安田生命J1リーグ『最終節』

 試合は、前半36分鈴木武蔵のゴールで長崎が先制するも、43分石毛に同点弾を許し1-1。しかし前半終了間際ロングスローからファンマが決め2-1で長崎がリードし後半を迎える。後半、清水が一時逆転するも終了間際鈴木武蔵の劇的同点弾で4-4のドローで試合は終了。
 この試合がラストマッチとなった長崎の高木琢也監督の有終の美を白星で飾ることは出来なかったが、最下位チームとしては史上最多の勝ち点30を獲得するという健闘を見せた。



長崎vs清水のハイライト動画

長崎vs清水のスタメン表と採点


V – Varen Nagasaki – Shimizu S – Pulse Live Score



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る