圧倒的アウェイ!ACL決勝を戦う鹿島アントラーズの相手ペルセポリスのホームスタジアム、サポーターがすごい!

 クラブ史上初のACL決勝進出。
 2018年10月24日行われたACL準決勝第2戦、水原三星(韓国)との試合にて3-3のドロー。2戦合計5-6で鹿島アントラーズが勝利し決勝進出を決めた。鹿島アントラーズはACLにて苦しい思いを味わってきた。今までの最高成績はベスト8。リーグ優勝、国内タイトルを数多く獲得してきた名門が未だに獲得できていない『アジアチャンピオン』の座。鹿島DF昌子源は「人生を懸ける」とその意気込みはかつてないもの。さらに10月30日U-19日本代表でプレーしていた安部裕葵も、日本代表を離脱し鹿島へ合流。
 決勝の相手はイランのペルセポリス。16-17、17-18シーズンと2シーズン連続でリーグ制覇を果たしているイランの名門クラブである。名門であると同時に、このクラブには熱狂的なファンが多い。

 アジアチャンピオンを懸けた闘い。第1戦は11月3日(土)鹿島アントラーズのホーム、第2戦は11月10日(土)ペルセポリスのホーム“アザディ・スタジアム”で行われる。このアザディ・スタジアムがすごい。そのすごさをご紹介。

《目次》



・圧倒的アウェイ!?収容人数の多さ!


 ペルセポリスのホームスタジアム『アサディ・スタジアム』
 公式な収容人数は何と84,412人!ACL準決勝アル・サッド戦での観客数は81,350人。アル・サッドのサポーターも少なからずいると考えられるが、この多さはすごい。
 また1997年11月21日に開催された1998FIFAワールドカップ・大陸間プレーオフ イランvsオーストラリアでは何と128,000人の入場者数を記録。現在では老朽化の為上部の観客席が閉鎖されたというが、その多さは世界トップレベル。
 欧州プロサッカー連盟(EPFL)が発表した欧州リーグにおける2010-2011シーズンから2016-2017シーズンまでの7シーズンの1試合平均観客動員数によると、1位はブンデスリーガで4万2388人。ヨーロッパ以上の観客数であることがわかる。日本国内での1試合最多入場者数は2004年12月5日に行われた横浜F・マリノスvs浦和レッズの64,899人である。

 対する鹿島アントラーズのホームスタジアムでもあるカシマサッカースタジアムの収容人数は40,728人。

・現地で観戦できるのは男性のみ!?

 収容人数だけでも畏縮するが、さらに異様な雰囲気を醸し出すのは、観客は“男性のみ”ということ。女性の入場は宗教上の理由の為、認められていない。2005年3月25日に行われたFIFAワールドカップ・ドイツ大会のアジア最終予選におけるイラン対日本戦においては、頭にスカーフを巻く等肌を極力露出させないよう義務付けた上で日本から来た女性サポーターの入場を特別に許可するという例外もあったが、今大会でこの特例が認められるかは定かではない。

 同じ街を本拠地とする最大のライバル、エステグラルとの一戦「テヘランダービー」にて女性8人が男装をしてスタジアムに入場しようとしたものの警備員に見つかって入場できなかったこともある。

・熱狂的なサポーターはすでに鹿島のSNSに?

 上記の通り、熱狂的なサポーター、そして異様な雰囲気をもつペルセポリスのホームスタジアム『アサディ・スタジアム』

 その熱狂的なサポーターは鹿島アントラーズの公式インスタグラムにもすでに出現している。鹿島アントラーズが決勝進出を決めるまでの投稿に対するコメント数は約100件前後だった。しかし決勝進出が決まった途端のコメント数は1000件を超えた。なかには5000件以上のコメントが寄せられている投稿もある。これ以降すべての投稿に1000件以上のコメントがつき、そのほとんどがアラビア語。
鹿島アントラーズの公式インスタグラムはこちらへ

・【動画】アサディ・スタジアムの雰囲気

・ペルセポリスの注目選手

 何と言っても注目選手はイラン代表で正GKを務めるアリレザ・ベイランバンドだろう。ロシアW杯グループステージ代3戦ポルトガル戦では、クリスティアーノ・ロナウドのPKをストップ。それ以外にも多くのファインセーブを見せるなど大活躍だった。下記にベイランバンドの記事を載せている。
 攻撃陣はロシアW杯前まではイラン代表でも主力を務めるバヒド・アミリ、メフディ・タレミが在籍していたが大会終了後に移籍。現在は23歳のイラン代表FWアリ・アリプールがエースとしてゴールを量産している。
《ベイランバンドの記事》

【選手名鑑】ベイランバンドの現在地|ホームレスも経験したイラン代表GKの壮絶な道程



・鹿島のホーム戦チケットはほぼ完売に

 11月3日にカシマスタジアムで対戦するホーム第1戦のチケットが、10月28日販売された。指定席はもちろんのこと完売し、開始から約1時間で1階の指定席が売り切れ、2階の指定席もすぐに終了。残るゴール裏の枚数もわずかで、完売は確実となった。
 昌子源は「みんなも人生を懸けてでも応援に来てほしい。鹿島はサポーターも含めたチーム。ナンボ入ってくれるか、すごい楽しみ」とコメント。
鹿島アントラーズのチケット状況はこちらをクリック!

・決勝戦の放送は?

【LIVE中継】
【日時】
第1戦 11月3日(土)14:45-17:00(15時キックオフ)
【対戦】
鹿島アントラーズ (日本) vs ペルセポリス (イラン)
【放送】
日テレNEWS24 & BS日テレ
※11/6(火)18:15-20:30に日テレジータスで録画放送

【LIVE中継】
【日時】
第2戦 11月10日(土)23:45-3:15(日本時間24時キックオフ)
【対戦】
ペルセポリス (イラン) vs 鹿島アントラーズ (日本)
【放送】
日テレジータス & 日テレNEWS24

【PR】DAZNで戦術解析番組もスタート!徐々に進化し続けるコンテンツを是非!




関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る