【2019 FIFA U-20ワールドカップ】NEXTスターが勢揃い!注目選手をピックアップ!

 日本時間5月24日よりポーランドで開幕する2019 FIFA U-20ワールドカップ。これまでのU-20ワールドカップでは多くのスター選手が活躍してきた。代表格は05年大会のMVPであるリオネル・メッシや07年大会のMVPのセルヒオ・アグエロ、13年大会のMVPのポール・ポグバだろう。

 『Evolving Data』は、2019年大会に出場するNEXTスターを独自に選出。大会開幕前にチェック必須!

・アルバン・ラフォン(Alban Lafont)
代表:フランスU-20代表
Pos :GK
背番号:1
生年月日:1999/1/23(19歳)
身長/体重:193cm/82kg
所属:フィオレンティーナ(イタリア)
今季:33試合40失点(セリエA)

 GKとしてはリーグ・アン史上最年少である”16歳と310日”でデビューを果たした将来のフランス代表正守護神候補。フランス人の父親とブルキナファソ人の母親の間に生まれ、2014年にトゥールーズの下部組織に入団。2015-16シーズン途中、第14節を終えた時点でわずか「1勝」、無失点に抑えた試合は「0」と苦しんでいた状況でドミニク・アラバジェ監督(当時)は、第15節ニース戦にこれまでベンチ入りすらしたことなかったラフォンを先発に抜擢。するとラフォンはこの試合を無失点に抑え、開幕戦以来の勝利大きく貢献。クラブにとってはおよそ7ヶ月ぶりの完封だった。その後もトゥールーズで順調に経験を積み18年夏にフィオレンティーナへとステップアップ。初挑戦となったセリエAでもその実力を存分に発揮している。

・アンドリー・ルニン(Andriy Lunin)
代表:ウクライナU-20代表
Pos :GK
背番号:1
生年月日:1999/2/11(20歳)
身長/体重:191cm/80kg
所属:レガネス(スペイン)*レアル・マドリードからのレンタル移籍
今季:3試合1失点(ラ・リーガ)

 A代表でも3試合の出場歴があるウクライナ期待の守護神。ドニプロの下部組織で育成され、16年夏にトップチームに昇格。17年夏にはドニプロの降格に伴いゾリャへと活躍の場を移し、新天地でも不動の守護神に君臨。18年3月には19歳と1ヶ月という若さでウクライナ代表デビューを飾った。18年夏には強豪レアル・マドリードへ完全移籍。2018-19シーズンは同じラ・リーガのレガネスへとレンタル移籍し経験を積んでいる。

・ブバカル・カマラ(Boubacar Kamara)
代表:フランスU-20代表
Pos :CB
背番号:4
生年月日:1999/11/23(19歳)
身長/体重:178cm/68kg
所属:マルセイユ
今季:31試合1ゴール(リーグ・アン)

 フランスの強豪マルセイユで不動のレギュラーを務める19歳。178cmとCBの選手の中では小柄だが、足元の技術やスピードでフィジカル不足を補っている。マルセイユの下部組織出身で17年夏にトップチームへ昇格。2017-18シーズンの後半に出場機会を掴むと、2018-19シーズンにはロシアW杯優勝メンバーであるアディル・ラミらからポジションを奪い取りスタメンに定着。第18節ボルドー戦ではプロ初ゴールを記録した。同代表では負傷明けのダン=アクセル・ザガドゥ(ドルトムント)、もしくは今季フランクフルトで大きく成長を遂げたエバン・エンディカとコンビを組むことが予想される。

・ブルーノ・メンデス(Bruno Méndez)
代表:ウルグアイU-20代表
Pos :CB
背番号:2
生年月日:1999/9/10(19歳)
身長/体重:184cm/77kg
所属:コリンチャンス
今季:0試合(ブラジル・セリエA)

 ウルグアイU-20代表の主将。母国のモンテビデオ・ワンダラーズの下部組織で育成され、17年夏にトップチームへ昇格。同チームで公式戦27試合に出場し、19年2月にブラジルの強豪に引き抜かれた。また、18年11月にはブラジルとフランスとの国際親善試合でフル出場を果たしA代表デビューを飾った。U-20代表ではバルセロナBに所属するロナウド・アラウージョと鉄壁のディフェンスラインを形成している。

 

・ディオゴ・ダロト(Diogo Dalot)
代表:ポルトガルU-20代表
Pos :RSB
背番号:2
生年月日:1999/3/18(20歳)
身長/体重:183cm/76kg
所属:マンチェスター・ユナイテッド
今季:16試合0ゴール(プレミアリーグ)

 18年夏にマンチェスター・ユナイテッドに引き抜かれた新星。母国の名門ポルトで育成され、18年2月にトップチームへ昇格。夏には当時監督を務めていたジョゼ・モウリーニョ氏のきっての希望でマンチェスター・ユナイテッドに1900万ポンドという破格の移籍金で引き抜かれる。トップチームでの出場歴がわずか8試合の選手がこれほどの大金でビッククラブへと移籍することは極めて異例なことだった。2018-19シーズンの出場機会は限られたが、UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2nd legパリ・サンジェルマン戦では、試合終了間際の90分にプレスネル・キンペンベのハンドを誘い大逆転でのベスト8進出に大きく貢献した。

ページ:

1

2 3

アーカイブ

ページ上部へ戻る