【ヴィクトリア・プルゼニvsレアル・マドリード】チャンピオンズリーグ 結果【GroupG】

レアル新体制公式戦3戦全勝無失点
 ロペテギ前監督からソラーリ新体制に変わってから公式戦2試合全勝、さらに無失点とこれ以上ない滑り出しを見せているレアル・マドリード。この試合でもその好調ぶりは発揮された。
 試合開始早々、クロスバー直撃のあわやオウンゴールかと思われるシーンがあったが、20分ベンゼマが先制。そこから23分、37分、40分と先制点が生まれてから20分以内に計4ゴールが生まれ、ほぼこの時点で勝負が決まった。さらに後半トニ・クロースの見事なループシュートが決まり0-5でレアル・マドリードが勝利。ベンゼマはこの試合の得点でレアル・マドリード通算200得点を記録した。
 レアル・マドリードは新体制発足後、公式戦3試合全勝11得点無失点。


ヴィクトリア・プルゼニ
vs
29:00

レアル・マドリード

0-5

ベンゼマ 21'
カゼミーロ 23'
ベンゼマ 37'
ガレス・ベイル 40'
トニ・クロース 67'


※動画視聴期限は2019年11月2日まで

Viktoria Plzeň – Real Madrid Live Score



関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る