【代表選考論】インターセプト・走行能力が向上したあの選手を…【3月シリーズ】

代表選考

まずは、今回【Evolving Data Labo】代表佐藤が選んだメンバーを紹介!

RSB室屋成

おそらくはDFラインがこの選考からRSB室屋成を抜いた7人体制になり、その分前にまわすのではないかと思う。
それでも、あきらかに昨年から成長を遂げたRSB室屋成を推したい。守備のブロック回数が1.4倍、インターセプトが1.75倍、走行距離やスプリントと言った運動量自体のレベルが上った彼を今代表に引き上げることは、少ないサイドバック陣用のためにもポイントにもなる。本番はRSB酒井宏樹が主戦になるだろうけれど、それでもどうか。

CMF大島僚太やST久保裕也もレベルアップした選手。彼らの伸びた部分を見せつけてほしいし、それだけの価値もあると思う。

若い選手から何人か入れてほしい選手もいるけれど、
まずは1時間後の代表発表に注目したい。

関連記事

カテゴリー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る